新着記事

null

「有能な職人は寡黙で気難しい」 というような事をよく聞きます。 逆に「雄弁な職人は注意せよ」とも言われます。 私自身、これまで印象に強く残る職人を思い浮かべた時、 確かに殆どが寡黙な人であり、気難しい人です。 (注:写真と本文は直接関係ありません) ...

null

木造の建物では、樹は色々な形で使われます。 通常は先回ご紹介したように、製材という事で 四角形の形に整えて使いますが、 樹の形をそのままいかすような方法もあります。 写真は今回のプロジェクトで使う杉の根曲がり材を 鉞(まさかり)で荒削りをしているところ...

null

4月から、いよいよプロジェクト2で使用する木材の 製材作業が始まりました。 その中で、今回使用する材で一番の長尺材の製材に 立ち合いました。 材は製材所の間口より長く、運び入れも簡単ではありません。 材の長さはなんと46尺! 建物の屋根の隅木となり...

null

前回は材が切り出された山の写真を掲載しましたが、 「育ちが遅い」という特徴を持つ山から切り出された樹は 写真のように、将に目がつんでいる良材です。 直径は75㎝くらいもある樹です。 年輪は樹の歴史が刻印されたものです。 この年輪を見れば、その樹がどのよ...

null

最初の作業は屋根の改修です。 写真は瓦を葺いているのではなく、 既存の瓦の一時撤去作業の写真です。 これから更に建物を使い続けるため、 屋根の一部を野地板(瓦の下の板)まで撤去して、 構造用合板に張替え、構造的な補強を行い、 下葺き材も新しくします。 ...

null

私が所属している「越後にいきる家をつくる会」の関係で、 もう一つのプロジェクトが進行していますので、 こちらも紹介させて頂きます。 このプロジェクトに関わる重要な材が切り出された山の写真です。 新潟県の北部に位置する山ですが、 特徴は「木の育ちが遅い...

null

1年余りの打ち合わせ期間を経て 関わらせて頂いている一つのプロジェクトが いよいよスタートとなりました。 打ち合わせを重ねながら、 予算枠にはなかなか収めることは難しいと感じつつも、 最終的には優先順位を整理して 施主様の想いを少しでも多く、 そして良...

null

「現場よもやま話(2)」で、 基礎について書かせて頂きましたが、 今回も《基礎》の話です。 近所のとある業者の現場。 住宅の基礎工事を行っていますが、 良く見かけるベースコンクリートを先に打設。 打設は昨日の事。 今日は立ち上がり部分の型枠組み作業を...

null

木造とはいえ、近くの分譲地で建っている住宅の骨組みを見ると、 いつも間にかその「主役」が金物となっているように感じてしまう。 金物をたっぷり使えば「強い建物」という印象になり、 特殊な金物工法が巾をきかせている。 これはもう「木造」とは言い難い感じが...

この冬の季節、何故に「田植え」の話なの?と 思われるかもしれません。 しかし、これは農業の話ではなく、建築に関わる話です。 建築の基礎工事が終わると、 基礎コンクリートから、ニョキニョキとアンカーボルトという、 土台等を固定するボルトが出ています。 ...

«Prev1 2 3 4 5Next»

人気記事ランキング

  1. null
  2. 木組みの家をつくる(その5)金物と木組み②
  3. 木組みの家をつくる(その3)木組みの家は高いの?
  4. null
  5. null
  6. 木組みの家をつくる(2)・・・刻みの技術(職人技)
  7. null
  8. null
  9. null
  10. null
  11. null
  12. null
  13. null
  14. null
  15. 木組みの家をつくる(その1)
  16. null
  17. null
  18. null
  19. resize0086.jpg
  20. null
  21. null
  22. null