2011年 3月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
11年03月30日 20時42分34秒
Posted by: nobushi
 毎日元気でばかりいられないし、そんなに面白いことばかり続くはずもなく、ブログを読んで頂いてる諸兄には申しわけない。

 本日、家神に頼まれスーパーに行く。すると今では貴重な小生愛煙の煙草がレジ側に陳列してある。煙草は4/10まで発送されず貴重品となっている。特に愛煙煙草は。頼まれた購入品をすばやく選び、レジに行き「これとセブンスター5つください」と言う。すると「お客様一人に1個でお願いします」と。どこでも置いてないのだからしょうがないと思い「了解しました」と言い、1個購入。1個とはいえ嬉しい。

 帰宅後に煙草を改めてみると・・違う。僕の愛煙しているのは普通のセブンスターでこんなタールの薄いのではない。プラスチックのショウウィンドーには確かにあった。レジのおばちゃんが間違ったのだ・・・購入時に確かめるべきだった。
このような事がないよう、皆さまもお気をつけあれ。

明日も行ってみようか。

11年03月29日 20時44分12秒
Posted by: nobushi
 顔に傷がある灰色大猫が少しよろけながら事務所南塀を通る。

 度重なる余震、原発事故の放射線数値、油不足による車の列、物流の混乱などなど震災から18日目にしてもいまだに不安な生活が続きます。

 しかし今年も猫の喧嘩の季節到来、恋の季節です。いつもはうるさいだけで追い払ったりするのですが、今年はいつもと同じ喧嘩がほのぼのとした感じがします。
いつもと同じは安心感を生むようです。

 煙草不足のおり禁煙しようとも思いましたが、そんな事は止めました。禁煙中止もいつもと同じです。
11年03月28日 20時27分17秒
Posted by: nobushi
 趣味は何と聞かれると・・「酔って夜空を見上げて帰ること」と答えているのだが、実際ヘベレケに酔った場合はそうはいかない。危ないのだ。それを実行する場合はほろ酔い程度で、まっすぐ歩ける時が望ましい。

 そんな時は決まって、まず自分の星探す。

 当然、誰でも自分の星を決めていると思うのだが?・・・僕の星はオリオン座のベルトの3つの星と決めている。いつ決めたか覚えていないが、夜空を見上げるたびに目についたためだと思う。

 先日実家近くで夜空を見た。3つの星が南西の空に輝く。街中と周りに照明がないところの星空は別物で、田舎の星は手が届きそう。久々のオリオンは美しく、ゆったりとした気分になった。

 こんな時はゆっくり夜空を見上げるのも、一計だろう。ただ、季節柄まだ寒いのであまり長時間はやめたほうが良いと思う。

null
11年03月27日 15時07分16秒
Posted by: nobushi
 知っての通り福島でもガソリン不足で、なかなか遠くへ行けない。ガソリンスタンドに並ぶ車で1Km以上となり交通障害も起きている。同様にして自分もガソリンを入手、昨日思い切って、遠くのクライアントや親族に会いに出かけた。この時期は卒業・入学シーズンでもあり、本来めでたい時期なのである。

 昼食後、プロジェクト現場や、完成物件の被害確認をしながら60km程度の道のりを走る。途中スタンドに並ぶ情景を何度か見る。
 すべての予定をクリアし、帰宅は22:30だった。その後入浴。その際、大事な事に気がつき、もう一度50km先に行くことにした。このガソリン不足時に「俺は何をやってるのか」と思いながら、小雪舞う真夜中24:00に再び出発する。

 すると福島市内3箇所でもうスタンドに並んでいる車がいる。多いところで15台程度。きっとスタンドが開くのは7:00頃なので7時間以上並ぶのだ。
 
 用事をすませ帰宅はAM2:00頃。15台程度の車は40台以上に増えている。一方5台だけ並んでるところもあり、この違いはなんだろうとも思った。
小雪舞い散る中一晩並ばれた方、お疲れ様でした。

 貴重なガソリンを使い1日に2往復する事になってしまい、帰宅後もなかなか眠れなかった。
まあ後悔ばかりしていられない。明日がある。
11年03月24日 21時33分29秒
Posted by: nobushi
 一度書いたブログを消す。暗い話題はやめよう。
TVやラジオで泣きながら話すアナウンサー諸兄もやめてほしい。今欲しいのは明るさ、元気、やる気。沈んでばかりはいられないのである。

 耳寄り情報で、今朝5時45分からガソリンスタンドに2時間半並ぶが空振り。そんな事もあるとあきらめていると、情報提供者が責任を感じガソリンを分けてくれた。大変助かる。人情がありがたい。

 そんな訳で今日は早起き。朝が苦手な小生だが、たまに早いと一日が長く感じるし、そして清清しい。これから元気になるため早起きを続けよう!。今、一人一人が立ち上がる時。何かを始め、何かをやらなくてはならない。

 でも毎日5時起きでは早すぎる、とハードルをだいぶ下げてみる。
11年03月23日 20時14分36秒
Posted by: nobushi
 自宅水漏れ発見、と言ってもまだ特定できてない。

 すべての蛇口を止めても水道メーターのパイロットが回る。地震後1週間断水、水道復旧時に水道メーターを確認。その時は異常はなかったのだが盲点があった。復旧直後は水圧が弱く3階まで水が届かなかった。その水圧が弱い状況で確認し、問題なしと判断。しかし改めて確認すると止めてあるはずが、メーターが回る。パイロットの回り具合では漏水は微量、見える部分にも出てきてない。しかし断水時あれほど貴重だった水。大切にしなければならない。確認まで使用時以外は止水栓を閉めることとする。
 
 特に地震にあわれた方、一度すべての蛇口を閉め、水道メーターが回ってないことを確認する事をお勧めします。

 本日、福島市は晴れ空に雪が舞う。それを見上げ、美しいと思った。
11年03月22日 10時01分41秒
Posted by: nobushi
 今朝8:00から近くの工事現場が動きだしました。当事務所プロジェクトとは関係ないのですが・、頑張ってますねー。

 一方、本日当事務所では完成設計図書の納入日です。

 喫煙のため外にでると子供たちのはしゃぎ声が聞こえてきました。相変わらず原発も余震もガソリン不足も続きますが、街は確実に動きだしてます。

 僕は多くの人が頑張ってる日本を信じます。
11年03月21日 11時12分36秒
Posted by: nobushi
 命がけで見えない敵と戦っている東京都レスキュー隊・自衛隊などの方々、ありがとうございます。

被災地のライフライン復旧に尽力されている方々、ありがとうございます。

避難者を受け入れて頂いている周辺県の皆さま、ありがとうございます。

かずかずの支援をして頂いてる日本中の皆さま、ありがとうございます。

「私達は日本の皆さんと共にいます」と言ってくださる世界中の皆さま、ありがとうございます。

 皆さまのご恩を忘れません。
僕たちはこの危機を乗り越え、立ち上がり、より強くなり皆様のご恩に報いたく思います。

 今日の福島市は梅が満開、小鳥のさえずりも聞こえます。
11年03月20日 19時33分22秒
Posted by: nobushi
 今日は月が地球に1年間でもっとも近づき大きく見える夜。しかも1993年以来の大きさだそうだ。そういえば昨晩の月も美しかった。残念ながら今の福島は曇りの天候。

 世界は JAPAN, WE ARE WITH YOU! という。

 僕たちも、そろそろ息を潜めてるだけでなく、空を見上げ、立ち上がらなくてはと思う。

 世界が一緒にいる。そして僕らを見ている。
11年03月19日 16時54分06秒
Posted by: nobushi
もう8日がたちます。

11日(金)14:46 
 クライアントとテーブル天板を実家蔵で捜索中に被災。急いで蔵はなれる。携帯通じず事務所戻る。事務所内はグチャグチャ。身内の連絡取るがなかなか通じず。

12日(土)
 夜、電気回復、PC可動。クライアントから2日分もあろうかと思う炊きたてご飯頂き、感動!その後クライアントの家も断水。

13日(日)
 部屋・事務所、片付け。

14日(月)
 朝、事務所電話開通。クライアントに電話連絡。電話不通地域いまだあり。近くのクライアントを廻る・・ガソリン少ないため。クライアントや知人食べ物や水を頂く、25km先からわざわざ来てもらい、うるうるくる。

15日(火)
 瓦屋根応急処置連絡、及びクライアント被害確認及び電話依頼による応急危険判断。午後通常仕事再開。ガス回復。

16日(水) 
 各団体・関東設計事務所から連絡あり。僕達の出来ること模索始める。
    クライアント・知人から貴重な水、食べ物を頂き、グッとくる。

17日(木)
 ガソリンなく事務所内にて通常業務。1ヶ月前から練ってきたPLANまとめる。
ガソリンは7時間並んで2,000円分だそうで・・動けず。クライアント・知人から貴重な水、食べ物を頂き、ウルうるウルとなる。

18日(金) 
 意地で通常業務続ける。水回復!久々に風呂入る。

19日(土) 
 第3土曜日でも元気に事務所開ける!本来第1・3土は休み。  やるぞー!オゥ!

不安でも余震があってもガソリンがなくても、人のあたたかさに感激の8日間です。
11年03月13日 17時00分33秒
Posted by: nobushi
ファイト!

 メールは復帰しましたが、事務所の電話はつながらない状況にあります。ご連絡はPCメールでお願いします。  eca21@ht-net21.ne.jp

 時代は我々に試練を与えました。頑張りどこです。我らがどのようにしてこの困難を乗り越えるかを後世に伝えましょう。

頑張ろう!!
11年03月07日 20時09分34秒
Posted by: nobushi
 昨年末、フランス料理でお腹を壊す。
昔、村山首相がフランスでのサミットに行き、お腹を壊した。その理由は慣れないものを食べたから・・との話が思い出された。

 好物は山菜と果物である。

 この機会に、その観点からみた福島の素晴しさを考察したい。福島は年間を通し山菜・果物が押し寄せるのである。

 2月から3月はセリやフキノトウが素晴しい。特にセリはスーパーで販売しているものと、里山に自生しているものとは味はまったく別物であり、自然の素晴しさを体感できる。味噌汁や炒め物が望ましい。
4月は山菜はあまりない。しかし福島には桜の名所が多くあり、里山の山桜も素晴しい。それらを見ながら自然の恵みではないが、焼き鳥、ホルモン、餃子で一杯がお勧めである。
5月からは本格的な山菜の時期に入る。タラノメ、フキ、コシアブラ、ワラビ、ゼンマイ等々と続くのである。
6月にはついに果物が始る。さくらんぼ、ブルーベリーである。そして山菜では幻のマメ団子が出来る。
7月はさらに桃が追い討ちをかける。一概に桃といっても様々な種類がある。でてくる時期も味も違うのだが、味は分かるが銘柄を覚えられない。そのためここでの紹介は差し控えたい。言いたいのは「硬くて甘い桃が美味い!」ことである。これは産地でないとなかなか手にはいらず、その味を楽しめるのは福島ならではである。
8月は葡萄が始る。葡萄も捥ぎたてはまったく違う。
9月は梨である。そのみずみずしさは同時期に出る林檎をしのぎ、9月は林檎より梨の味がまだ上なのであるが、梨の時期も短い。そしてなんと言っても山菜の王様、茸の時期突入である。茸といっても毎年平均的に取れるわけではなく、その年の降水量や気温によって豊作・不作となり、そこがまた季節のありがたさを感じさせるのだ。
10月は林檎本番が始る。福島の林檎の味を語る必要はなく、素晴しい。芸術的であると思う。地元では・・林檎の良し悪しは中に蜜が入っているかどうかにありなのである。温度の急激な変化がないとなかなか蜜がはいらない。しかし蜜の入ったものは美味しい分、あまり長持ちはしない。そこがまた貴重であり、他地域では体験が難しい。林檎の特徴の一つにシーズンの長さがあげられよう。10月から3月まで続く。だがこの時期、果物の新鮮さは他の季節に残念ながら及ばない。しかし 心 配 御 無 用 。この時期、鍋に代表される様々な食べ物が美味い。そして柑橘類という強い味方もいる。みかん、イヨカン、甘夏柑・・そして最近ではポンカンやデコポンなど誰が名付け親なのだろうと思うものも助っ人として現れ、楽しませてくれる。

 このように年中福島は楽園であり素晴しい。
長々と書きました。しかし僕にとっての問題は健康診断で「もう少しやせましょう」というメッセージが来ること。こんな訳でそんな訳にはなかなかいかないのです。
«Prev || 1 || Next»