新着記事

ピサの斜塔を除いて、建物は真っ直ぐに建っているのが当たり前です。 ですが、ひと口に真っ直ぐ建てると言っても、建物の構造や形態によっては、そこに様々な技術が必要になるのです。その「真っ直ぐに建てる」ことに関連する工事で、有ってはいけない出来事があったそうです...

null

「障子のある空間=和室」ではありませんが、和室に使われる事が多いのは事実です。 一昔前の家なら、玄関入ってすぐの場所に<客間>と呼ばれる和室が設えてあり、お客様がいらした時には、家長がその部屋で、お持て成しをしたものです。背中に床の間を控えた上座に座り、客...

裏の家のお母さんに、畑で取れた野菜を頂く事がある。 季節によっては苺や梨を頂くこともあるが、最近頂いたのは「かぶ」と「ほうれん草」。 お店に卸しているわけではなく、自分たちの食べる分だけ作っているらしい。 だから取れ過ぎると分けてくれるのだが、お母さん曰く...

null

昨日の午後、葉山の創作ギャラリー蓮RENで催されている、「うずるくらし展」に行ってきました。 案内して下さったのは、小田原市内にある<イパダガラス工房>のガラス作家・濱舘寛さんと村木未緒さんのお二人。御忙しいところ、スッカリお手間を掛けさせてしまいました。 ...

「ダンボールハウス」と聞くと、どんなイメージがあるだろう? たぶん直ぐに思い浮かぶのは、ホームレスの人たちが、駅や公園内に作るダンボール製の家ではないだろうか。印象的には寒そうだし、直ぐに壊れそうだし、なんとも儚げに思うかもしれない。それはきっと<段ボール...

一昔前と違って、今は一つの店舗で、いろいろな商品が売られる時代になった。 その代表的な例がコンビニだろう。 昔風に言えば、駄菓子屋さん+乾物屋さん+タバコ屋さん+文房具屋さん+お弁当屋さん+電気屋さん+銀行+本屋さんと、挙げれば切りが無いほど、いろいろな店が合体し...

null

木造住宅の耐震診断や耐震補強工事を行う際に、都道府県が助成金を支給していることをご存知だろうか。助成金の中身には耐震診断の費用と、耐震補強工事の費用それそれに対して支給されている。都道府県や市区町村のHPを見れば、その情報が載っていると思うし、電話して問い合...

null

阪神・淡路大震災から15年が過ぎ、大地震でハイチは壊滅状態だと聞く。 地震に関しては、絶対に他人事ではない。 先日、ある方に「造り付け家具は値段が高いから・・・」と言われた事がありました。 確かに市販の家具よりは、値段が高くなる場合もある事は確かですが、室...

ハイチの地震被害が、日が経つと共に増えているようです。 貧しい国だったために、建物も脆弱でインフラの整備も行き届いていないとのこと。 その結果、多くの建物が崩壊し、被災者が避難する広域避難場所も無く、食べ物はおろか飲み水さえも無いと報道されています。死者の...

昨日は国交省が主催する、住宅版エコポイント制度の講習会で、横浜の神奈川県民ホールまで行ってきました。大ホールの1Fは1500人ほど収容できる広さらしいのですが、そこがほぼ満席状態。2Fにもチラホラと人が居たようですから、いかにこの制度に、多くの人の関心が集まってい...

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 34 | 35 | 36 || Next»

人気記事ランキング

  1. null
  2. null
  3. shoji-1.jpg
    2013年06月14日 障子の薦め(19046)
  4. 2013年05月18日 地鎮祭の鎮物(12730)
  5. ref.1.jpg
  6. null
  7. null
    2013年05月24日 住宅模型(10742)
  8. null
  9. null
    2013年05月21日 都会のキリン(10198)
  10. null
  11. null
  12. null
    2013年06月06日 車路で考え中(9030)
  13. null
  14. 2013年05月21日 床発電の家(8091)
  15. null
    2013年12月28日 障子の薦め 5(7712)
  16. null
  17. 2010年02月12日 ヘンな間取り(6809)
  18. null