光熱費0住宅というタイトルですが、光熱費を0にすることが目的ではあり
ません。住人が我慢することなく光熱費を削減できる住宅は住環境性能
が高く、体にも精神的にも快適な住宅になります。さらに地球にも優しい。
そんな住宅を作ることが目的なのです。

今日は光熱費を0(ゼロ)にするために建設時にかかるイニシャルコスト増
を、光熱費削減分何年で取り戻せるかという検討をします。
null
■太陽光発電パネルを設置する場合
表の左がランニングコスト、右がイニシャルコスト試算値です。
次世代省エネ基準で建築した標準的な住宅と比べて、建設時追加負担額
は198万4千円と試算しました。

ガス給湯器をエコキュートへすることで20万増、照明器具の灯数を増やし
調光機能を付加することで6万4千円、高効率家電への買換え(テレビなど
1台)で20万円、ガスコンロをIHヒーターにすることで2万円、3kwの太陽光
発電設置で150万円(補助金を差し引いた額)です。

この追加負担額198万4千円を、ランニングコスト削減額で割ると、
8.48年で回収できるという結果になりました。

■太陽光発電パネルを設置しない場合
次に太陽光発電パネルは設置しない場合を検討してみましょう。
建設時の追加負担額 →484000円
ランニングコスト削減額→127744円
回収年数        →3.79年

3.79年で回収できます。自然エネルギーを有効活用して快適な
住環境をつくれるのですから絶対お得ですよね。

■次回は、自然エネルギーの有効活用をあまり意識せずに設計した
 住宅について検証する予定です。お楽しみに!!
 
■光熱費0(ゼロ)住宅のブログ目次
1.建築家が考える光熱費0住宅
2.光熱費0住宅 提出プラン
3.光熱費0住宅 ランニングコスト試算値
4.光熱費0住宅 ランニングコスト分析
5.光熱費0住宅 イニシャルコスト検討

■ブログ目次■
ブログ総目次 : http://moriken.p1.bindsite.jp/hobby/blog.html
進行中物件の目次 : http://moriken.p1.bindsite.jp/works/worksblog.html
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説


陽だまりと木陰で暮らす、地球と住民に優しい家づくり【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp