20111031ランニングコスト.jpg
7年前に建設した自宅のエネルギー性能はどの程度か?
熱損失係数Q値と夏季日射取得係数μ値を計算し、住まいの
エネルギ性能評価ソフトで予想光熱費を算出した。

予想ランニングコストは322763円

んっ家はそんなに光熱費払ってないぞ!

光熱費の詳細をみるとやはり暖房費と給湯費が突出している。
暖房費は11万2千円、給湯費は13万3千円となっている。

暖房費は電気式床暖房を昼夜寒いときに稼働させる設定で入力
した。ソフトの入力で二種類の同房器具を使うという入力ができない
こと、深夜だけの稼働という入力もできないことから暖房費が多めの
結果となることは理解できる。

そもそも我が家は暖房費と給湯費でどのくらい使っているのだろう?

あすは我が家の実際支払っている光熱費から分析するとことする。

■エコハウスの真実
1.住まいは夏を旨とすべし? 1
2.住まいは夏を旨とすべし? 2
3.ハウスメーカーの取り組み
4.ハウスメーカーの取り組み 追記
5.設計事務所の省エネ住宅1
6.設計事務所の省エネ住宅 2
7.設計事務所の省エネ住宅 3
8.設計事務所の省エネ住宅 4
9.工務店のエコハウス
10.空気は熱を運ばない
11.気密が必要な理由 1
12・気密が必要な理由 2
13.気密が必要な理由 3
14.気密が必要な理由 4
15.気密が必要な理由 補足
16.吹抜けに適した冷暖房機
17.冷暖房費を知るには
18.Q値とμ値って何?
19.Q値から暖房費を算出する 1
20.Q値から暖房費を算出する 2
21.μ値から冷房費を算出する
22.大開口の注意点
23.通風の効果
24.自立循環関東ゼミ 発表資料作成
25.自宅のQ値分析
26.Q値と温熱環境の関係
27.自宅のμ値分析
28.自宅のμ値と冷房費の関係
29.自宅のエネルギー性能
30.自宅の光熱費分析1

■ブログ目次■
ブログ総目次 : http://moriken.p1.bindsite.jp/hobby/blog.html
進行中物件の目次 : http://moriken.p1.bindsite.jp/works/worksblog.html
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説


陽だまりと木陰で暮らす、地球と住民に優しい家づくり【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
【省エネ・エコ住宅の設計手法】住環環境を具体的数値で評価する設計手法
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp