木材研究シリーズとして「木造住宅のCO2削減量」をお送りします。

木を燃やすと二酸化炭素が発生します。そして、木は成長する過程で
二酸化炭素吸収することから、±0という判断で木造住宅構造部分の
二酸化炭素発生量は0であるとされています。

ただしこれには木造住宅の長寿命化が前提にあり、杉や桧が植林さ
れてから建築製材として伐採されるまで50年以上である必要があり
ます。木が生長する過程で少しずつ二酸化炭素を吸収し、約70年で
吸収は終息することが分かっているからです。

ですから二酸化炭素発生量の削減という観点で考えると、住宅の寿
命は最低50年、理想的には70年程度であるべきでしょう。現在の
日本の木造住宅の寿命は30年弱とされているのでCO2を増加させ
てしまっているのです。

そこで今日は、木造住宅1軒がどのくらいの二酸化炭素削減量に貢献
できるのかを検討してみました。最初に概略算定式を紹介します。

20m3×0.4(比重)×0.5(炭素量)×44/12(係数)=14.6 CO2トン

上式は木造住宅1軒に実際に使用される木材量から算定しました。
木材は製材する過程で半数量程度は廃棄あるいはチップなどに加工
されて別の用途に使用されます。そこで次に1軒の木造住宅の木材
が森林で成長する過程で吸収する二酸化炭素削減量を概算計算します。

20m3×0.5(歩どまり)×0.4×0.5×44/12×1.56=45.7 CO2トン

上の式では、一般的な木材使用料1.5m3~2.5m3/1m2から
1m2当たり2m3として考え、100m2(30坪)の住宅1軒で20m3
の木材を使用したとして計算しました。

最後に、この式で考慮していない木材製材過程での二酸化炭素発生
についてお話します。

木材を製材する過程では、原木をカットし、乾燥させ、運搬過程等で
二酸化炭素を発生します。このなかで最大なのは乾燥過程で灯油等
を燃やすことによる二酸化炭素発生です。

乾燥、運搬過程での二酸化炭素発生量については後日お贈りします。

木材研究会関連ブログ
1、木の割れと強度: http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_17.html
2、木の含水率はどの程度がよいか: http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_21.html
3、天然乾燥材ではだめか?:: http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_28.html
4、最新の人工乾燥工法 高温セット: http://morikentiku.at.webry.info/201012/article_2.html
5、木材の強度とヤング係数について: http://morikentiku.at.webry.info/201012/article_12.html
6、芯材の耐久性: http://morikentiku.at.webry.info/201012/article_13.html
7、木造住宅のCO2削減量:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_15.html
8、木造住宅のCO2排出量:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_20.html
9、構造別、製造・建設時のCO2排出量比較:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_22.html
10、大規模木造建築をつくるポイント:http://morikentiku.at.webry.info/201104/article_9.html



ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人に優しい家づくり 【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp