来年1月末発売の「建築知識」の特集記事執筆はあと1項目となり一段落。
「京都府の住宅」と「横浜市保土ヶ谷区の店舗兼用住宅」の検討に本腰を
入れて取り組める状況になってきました。

null

建設中の新アトリエには作り付けの本棚を設置します。
材はバーチ合板 t=21ミリ、小口の積層模様が奇麗な合板で、構造材と
一緒に自分で塗装する予定。

所有している本のサイズに合わせて、高さ32センチと28センチにしました。

本は増えていく一方なのでいくらあっても足りませんが、長さ4.5mの壁
ほぼ一面に本やファイルを保存できるようにしたので数年は大丈夫でしょう。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

陽だまりと木陰で暮らす、地球と住民に優しい家づくり【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp