2011年 5月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
11年05月30日 14時45分09秒
Posted by: atl3c
大震災の影響で、リフォーム工事の着工が2ヶ月伸び、やっと始まりました。

ちょうど工事費の見積り調整をしていた時に震災。
でも不幸中の幸いでした・・まだ工事が始まっていなくて。
結局2ヶ月も着工が延びてしまいましたが、
材料の手配の目処もたち、安心して工事に取り掛かれますので。

今回は1階部分ほぼすべての全面改装ですので、
解体後、まずは既存建物の耐震チェックです。
既存建物の図面はありましたが、筋交いなどの耐震壁の情報がゼロ。
壊してみたところ・・・予想されたところにも筋交いが入っていなく・・

 alt=""title=""

↑ 筋交いが入っていないどころか・・切られています!!
それも、二階の角が載っている非常に重要な壁に・・・
このお宅は何度もリフォームをされているので・・途中で誰かが切ったのでしょうか・・。

まずは、既存の筋交いの大きさと位置を現場でチェック。
ここは一度事務所に持ち帰って、じっくり構造計算をしなければ・・
怖くてとても現場指示ができません。

40年前ですから、現在のように金物で補強するという指導もほとんどありませんでしたので
ほとんど金物も使われていません。
それにしても「かすがい」さえも打っていない様子・・・

床から壁・天井まですべてはがすような大規模なリフォームだからこそ
徹底的に耐震補強ができます。既存の梁も金物等で補強することにします。

新たに耐力壁を入れて構造計算をかけ直したところ、
そこそこの強度が保てることがわかりました。

後は現場指示と、施工状況の現場確認が大事になるところです。


ただ今、メールマガジン第87号配信中!
シリーズ『家づくりのイロハ』の『ヘ』 別途工事

11年05月23日 10時16分39秒
Posted by: atl3c
3年ほど前に大規模リフォームしたFさんに、そう言っていただいて。
設計者冥利につきるお言葉、なんとありがたいことでしょう。

「洗濯機の排水の調子が悪い」とご連絡を受け
水道屋さんを連れてFさん宅にお邪魔した時の会話です。

木造戸建ての1千万円を超えるような大規模リフォームの場合には、
耐震補強はやって当たり前。
お客さま自身は、生活を変えるリフォームしかお考えでなくても
設計者としては、耐震補強をしながら、どう生活の質をあげるか?
が、腕の見せどころ・・といったところでしょうか。
ハードとソフトを両立させる!ということですね。

Fさん宅の工事現場の様子 ↓

 alt=""title=""

写真のように筋交いで壁補強するだけでなく、
既存のボルトの緩みを締め付けることもお忘れなく。

「Fさんのお宅はいいわよね、安心して住めて」
とお友達にも言われた!と奥様も笑顔で。
ご主人も、「リフォーム前より確かに揺れなくなりましたよ」と。

こちらのFさん宅は、住宅雑誌にも紹介されました↓

主婦と生活者刊『快適な終の住みかを手に入れるリフォーム実例集』

ところで、懸案の排水の件はと言いますと・・・
どうにも原因が特定できず。
で、洗面化粧台とつないでいる洗濯排水用の管を切り離し、
直接単独で外の排水桝につなぎかえることをご提案。
3万円程度の費用で済むこともあり、そのような工事をすることになりました。

ただ今メールマガジン第86号配信中
『家づくりのイロハ』の『ホ』 防蟻処理(ぼうぎしょり)

11年05月13日 09時56分38秒
Posted by: atl3c
先日、当ブログでご紹介した、基礎のひび割れのご相談

結局、事なきを得たお話はしました。
このご相談がきっかけで、キッチンと洗面室のリフォームの設計依頼をいただくことに。
嬉しい限りです。

やはり、設計者という存在自体が世の中にはまだまだ認知されていないのでしょう。
相談したくても、いったいどこの誰に頼んだらよいのか・・・??
こんな小さな相談ごとや、こんなちっちゃな工事で話を聞いてもらえるのだろうか・・

ですが、工事の規模ではないですね・・・工事の質だと思います。
我々設計者の出番は、暮らしの質を変えたい!というとき。

床をフローリングに変えたい、壁のクロスを張り替えたいというような単純な
ご要望の場合には、設計提案する余地がありません。出る幕がないのです。

「ここが使いづらいから何とかしたい・・」的なご相談こそ設計者の出番。
設計アイデアでなんとか暮らしの質を上げるお手伝いをしたいと思っています。


本日メールマガジン第85号配信日です。
シリーズ『家づくりのイロハ』の『ニ』 庭づくり
11年05月08日 14時46分04秒
Posted by: atl3c
昨年秋より設計打ち合わせ、現場監理と走ってきました
『yakitori bar HIBIKI+』@埼玉県・東松山です ↓↓

 alt=""title=""

オープンして2週間。繁盛してるかな・・心配で(笑)。
知人を誘って食事に出かけて来ました。

 alt=""title=""

ありがたいことに、なかなか繁盛している様子です。
若い女性客が多いのも、嬉しいですね。
設計コンセプトは当たりだったかしら。

誘った友人も、「雰囲気もいいし・・味もおいしい!!」
「今度、友人誘って来るね~」と言ってくれました、ほっ。

しゃれたバー風のお店で、東松山名物『やきとん』が食べられる!

 alt=""title=""

基本やきとり屋さんですから・・お値段はリーズナブル。
また、基本バーですから!いろいろなお酒が飲める。
おしゃれな雰囲気だから彼女をデートに誘いやすい。
是非、気の合う仲間、彼女を連れてお越しくださいませ。

東武東上線東松山駅徒歩1分です。
電話0493-22-511 年中無休 ~24時(金土祝前は~25時)



ただ今メールマガジン第84号配信中
シリーズ『家づくりのイロハ』の『ハ』 バーチカルブラインド






«Prev || 1 || Next»