2011年 8月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
11年08月31日 14時31分16秒
Posted by: tenkoushya
新書『密室入門』が書店に並び始めましたが、キチンと告知してませんでしたので、改めてご報告させていただきます。


ミステリ作家の有栖川有栖さんと、密室をテーマにした対談をさせていただいた、新書『密室入門』。本書は2008年11月に発売された『密室入門!』を、装丁やイラストを刷新し、一部加筆訂正されたもので、第9回本格ミステリ大賞評論・研究部門の最終選考にもノミネートされました。

ミステリ小説に不可欠・・・とは言いませんが、登場すると思わず「出たー!」と喜んでしまう「密室」をテーマに、ミステリ作家視点と建築家視点からワイワイガヤガヤと、面白おかしく、そして何よりも真剣に語り合っています。

ふだんミステリなど読まないというミステリ・ビギナーには勿論ですが、古今東西の密室物を読み尽くしたというヘビーユーザーにも、今一度、「こんな視点もありますよ」と、楽しんでいただけるものと自負しております。

少しずつ秋の気配が近づいて来ますが、今年の読書の秋の入り口に、是非ご一読いただければと思います。どうぞ、宜しくお願いいたします。

神奈川県小田原市荻窪314正和ビルみなみ302
天工舎一級建築事務所
TEL 0465-35-1464
E-mail toshio0223@k-tantei.com 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 小田原情報へにほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログ・ランキングに参加しています。宜しければ応援の一押しを、お願いいたします。

11年08月31日 08時53分22秒
Posted by: tenkoushya
進行中の住宅には、どの家にも畳の敷かれた部屋が設けられています。
いずれの家も、寛ぐための場所に畳が敷いてあります。
言ってみれば、「リビング」ではなく「茶の間」があるということ。
だからソファなど置かずに、畳の上に座して寛ぐ。なかには「掘り炬燵」のある家もあります。

そんな畳の敷かれた空間は、他の場所との間に仕切り壁や扉を設けていません。
ある家には段差があるだけ。つまり茶の間と台所の境目は、床の高さの違いだけ。もう少し建築的に言えば、視線の高さの違いだけで、その間に扉などは無い。

またある家の茶の間と台所の間には、一枚の壁が立っているだけ。
壁の右側も左側もOPEN。ある意味、衝立が立っているようなイメージで、その衝立壁が二つの空間を緩やかに仕切っている。

» 続きを読む

11年08月29日 17時23分52秒
Posted by: tenkoushya
午前中に地鎮祭がありました。
先週あたり、一時涼しくなったと油断していたら、今日は朝から暑かった~。
午前中でこの暑さなんですから、午後になっていたらどうなっていたことか。
いやいや、午前中の地鎮祭で本当に良かった。

もっとも施主のご母堂様は、遠く奈良県からお越し下さっていたので、とてもお疲れだったことと思います。暑い中、ありがとうございました。

式を始める前に、式典の流れを神主さんから施主ご夫妻に、ご説明していただいております。パラソルは式典中の日除けにと、神主さんが気を使っ設置して下さったもの。助かりました。
null
ちなみに神主さんは、大磯町にある六所神社の神主さんで、何度もお世話になっております。

» 続きを読む

11年08月25日 11時00分21秒
Posted by: tenkoushya
今月の29日発売予定の新書『密室入門』が届いた。
一冊じゃなく、著者分の数がまとめて届いたので、見本誌じゃなくて本物。
・・・というかこの時点で見本誌だったら、それはヒジョーに危険な状況なのだが(笑)
null
自画自賛すれば、装丁が素敵。
まるでアメリカ映画のワンシーンのようで。

密室には美女がよく似合い、美女には赤いハイヒールがよく似合う。
そして赤いハイヒールを履いた美女の死体を見付けるのは、クールでタフな探偵が良く似合うという、四段論法的思考だが(笑)

既に予約は始まっているそうなので、宜しければ是非!
宜しくお願いいたします。


神奈川県小田原市荻窪314正和ビルみなみ302
天工舎一級建築事務所
TEL 0465-35-1464
E-mail toshio0223@k-tantei.com 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 小田原情報へにほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログ・ランキングに参加しています。宜しければ応援の一押しを、お願いいたします。
11年08月20日 17時11分12秒
Posted by: tenkoushya
朝一で現地調査へ。
計画地西側を望むと、なんと牧歌的な風景なことか。
毎日、こういう景色を眺めて暮らせたら、どんなに穏やかだろう。
・・・・・・いや、人によるか?(笑)
null

でもこの場所、街からそんなには離れていない。けっこう穴場的な場所だったりして。

で、その足で次へ向かう。
向かった先は15年ほど前に設計させていただいたお家。全てのエアコンを取り替えるというご相談。
外断熱をバッチリした高気密高断熱の家なので、普通の家とはちょっと違う。
だからエアコンの取替えも、ちょっと気を使うという訳。

» 続きを読む

11年08月19日 09時19分04秒
Posted by: tenkoushya
昨日の小田原の最高気温は36.6℃。
観測史上最高気温だったそうな。茹だるって・・・・・・いや、ホントに。

ところで16日に行われた箱根の「箱根強羅夏祭り」の大文字焼きで、陸前高田の薪を燃やしたことが、18日に公表されました。

被災松引き取り燃やす 箱根夏祭り、事前公表せず
京都の五山の送り火で燃やす、燃やさないの騒動があった物を、結局は箱根の大文字焼きで使ったとのこと。勿論、放射性物質の安全は事前検査した上で。今のところ、苦情は来ていないとのことなので、まずは何より。ちなみに京都の送り火を「大文字焼き」と呼ぶと叱られるが、箱根は「大文字焼き」でOKだと思う・・・・・・たぶん(笑)。

この薪に関しては紆余曲折あったようだが、一番大切なことは「薪に込めた被災者の祈り」を大切にすること。その役に立てたのなら、それで良いじゃないですか!・・・・・・と、思うのです。

十人居れば、十通りの考え方があります。それを一つにまとめるのは、なかなか容易なことではありませんからね。鎮魂とは、そっと静かに想えば良いのではないかと、考えているのです。


神奈川県小田原市荻窪314正和ビルみなみ302
天工舎一級建築事務所
TEL 0465-35-1464
E-mail toshio0223@k-tantei.com 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 小田原情報へにほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログ・ランキングに参加しています。宜しければ応援の一押しを、お願いいたします。
11年08月05日 09時18分43秒
Posted by: tenkoushya
洋泉社出版さんから、『東野圭吾全小説ガイドブック』という本が、本日8月5日に出ます。
この一冊で東野作品の全てが分かる完全保存版だそうです。
で! なぜかそんなガイドブックの中に、私のインタビュー記事が掲載されております。
               詳しくは、 ↑ を、ご覧下さい。

「なんでお前のインタビューが!」という、お怒りもあるかもしれませんが、これもご縁ですので御容赦下さい。以前、有栖川有栖さんが監修された『図説 密室ミステリの迷宮』というMOOKで、お世話になったからです。東野さんファンも、そうでない方も是非、お手に取っていただければ幸いです。


また、東野さんの最新作『マスカレード・ホテル』の装丁が出ました。
発売は9月9日だそうですので、併せて読まれると一段と楽しめることでしょう!・・・・・なんちゃって。


どうぞ宜しくお願い致します。

神奈川県小田原市荻窪314正和ビルみなみ302
天工舎一級建築事務所
TEL 0465-35-1464
E-mail toshio0223@k-tantei.com 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 小田原情報へにほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログ・ランキングに参加しています。宜しければ応援の一押しを、お願いいたします。
11年08月04日 17時25分11秒
Posted by: tenkoushya
見積り金額の調整に難航していた計画が、ようやく着陸した。
null
これから図面を修正して、直ぐに確認申請を提出。その後には建設会社との契約、金融機関への本申し込みや地鎮祭の段取り、着工への準備と何かと慌しく作業が続く。

鳴かないと思っていたセミが、今朝はなんだか一際大きな声で鳴いているように感じた。
ひょっとすると今までも鳴いていたのかもしれない。
ただ、聞こえていなかっただけで。

これからも、まだまだ厳しい暑さが続く。
暑さに負けず頑張ろう。

神奈川県小田原市荻窪314正和ビルみなみ302
天工舎一級建築事務所
TEL 0465-35-1464
E-mail toshio0223@k-tantei.com 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 小田原情報へにほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログ・ランキングに参加しています。宜しければ応援の一押しを、お願いいたします。
«Prev || 1 || Next»