2010年 2月の記事一覧

«Prev || 1 | 2 || Next»
10年02月27日 09時30分00秒
Posted by: tenkoushya
昨日は女子フィギュアは、本当に盛り上がりましたね。なんでも東京都内では、午後のその時間帯の水道使用量が、ピタッと止まったほどだそうです。みんな洗い物の手を止め、トイレにも行かず、固唾を飲んで見守っていたのでしょう。結果には、それぞれの思いがあると思いますが、良くも悪くも涙涙の女子フィギュアでした。

それにしても「青のジンクス」は、本当にあるのでしょうか?
次回のオリンピックの時には、コスチュームの色にも注目してみたいと思います。

ところで、この何気なく使っている「ジンクス」と言う言葉。
これを正しく書けば「JINX」で英語です。本来の意味としては「縁起の悪い迷信」」や「思い込み」といった意味で使われており、総じて良い意味には使われません。

だから「青いコスチュームを着ていると優勝できると言うジンクス」は、欧米では正しい使われ方ではないと思います。どちらかと言うと「目の前を黒猫が横切ると不吉なことが起こる」の方が正しい使われ方の「JINX」だと思います。ま、日本の場合は、どちらでも良いのでしょうが(笑)

なんとなくオリンピックは終わった感もありますが、またまだ日本の選手が参加する競技もありますので、最後まで応援したいと思います。


天工舎一級建築事務所
10年02月26日 18時30分00秒
Posted by: tenkoushya
少し前に知り合った方に、「設計事務所に、購入しようと考えている土地を、一緒に見に行って貰うことはお願いできますか?」と聞かれました。
「もちろん大丈夫ですよ」と、お返事したのですが、その方が言うには、面識の無い設計事務所に、そんなことを問い合わせて良いのか、気が引けたので仰っていました。

なるほど・・・。
こちらは、そんなことは全然気にしていないのですが、このブログを読んで下さる方や、私のHPをご覧くださる方にとっては、まだまだ問い合わせ難いのかと、少し反省しました。

設計事務所に対して連絡するとき、「設計の依頼」を前提にした問い合わせじゃなければ、いけないと思われているのでしょうね・・・。でもそんなことはありませんよ。

これから買おうと考えている土地の現地への同行だって、全然かまいません。
以前には、某ハウスメーカーさんから提案されたプランが気に入らないので、どこを直せば良いプランになるのかアドバイスをしてほしい、なんていう、ご相談を頂いたこともありました。

あまりにもラフなご相談も困りものですが、「こんな依頼はありですか?」と、聞いてみるだけならタダですから、一応問い合わせてみたらどうでしょう。

ブログとHPが関連付いていないこともありますが、ひょっとするとここにもメアドを記しておくべきなのかもしれませんね。その前にHPの方に、業務内容を分かりやすく明記しなければと思います。


天工舎一級建築事務所
10年02月26日 10時14分44秒
Posted by: tenkoushya
何処かで聞いた話だが、冬季オリンピックの女子フィギュアの過去4大会優勝者は、全て青いコスチュームに身を包んでいたと言う。まもなく開かれるフィギュアのフリーで、韓国のキム・ヨナ選手が青いコスチューム。対する真央ちゃんは、赤いコスチュームを着るらしい。

青が勝つか、それとも赤がジンクスを破るのか。
個人的にはそこに、金色をアクセントにしたミキティーに食い込んで貰いたい。

ガンダムの世界で言えば、青は「青い巨星」と呼ばれたランバ・ラルのグフ。
赤は「赤い彗星」のザク。いやここは、赤のザザビーだろうな。
そして金色といえば、クワトロ・バジーナの「百式」しかない。
いずれも超一級のエースパイロットと高性能モビルスーツだ。
いや別にモビル・スーツに例えなくても良いのだが(笑)
試合を前に、ドキドキします。

ドキドキ繋がりで言うと、今日は神奈川県の公立高校の後期試験の発表日だ。
天気は雨だが、喜びの涙雨になることを願っています。


天工舎一級建築事務所
10年02月25日 09時30分00秒
Posted by: tenkoushya
昨日から耳タコだと思うのですが、やはり触れておきたい。
女子フィギュアのショート、真央ちゃんとキム・ヨナ選手の滑りは見事でしたが、ミキティ派の私としては、どうしても一言言っておきたいから。

頑張れミキティー!
世界女王の名は伊達じゃない!(←ニューガンダムは伊達じゃない調で)
全員がノーミスで、完璧な滑りの上での結果が観たいです。

本の話をメモ代わりに。
ハヤカワミステリの4月号は、クリスティーの特集。
未発表の短編2話が掲載されていたるのをはじめ、『ホロー荘の殺人』の草稿?みたいなものが、丸々一本掲載されているらしい。これはお得だ、と言うか、読まない手は無い。

ハヤカワ・ミステリマガジン 2010年4月号


天工舎一級建築事務所
10年02月24日 09時20分32秒
Posted by: tenkoushya
昨夜は、建築士事務所協会が主催する「住宅版エコポイントに関する講習会」に行って来ました。1月に国交省が開いた講習会の時には、詳細が決まっていなかったので概略だけの説明会でしたが、昨夜の説明会は還元ポイントをはじめ、申請手続きやその流れなども聞くことができ、参考になりました。

とはいえ、還元ポイントMAXの30万ポイントを貰うためには、もちろん申請手続きの要する費用や、証明書などを必要とした場合には、発行する側の事務手数料が必要にもなってきます。つまり経費が必要ということ。

だからこれを貰うことが目的で工事をするのではなく、あくまでも「おまけ」程度に考えておくべきなのかもしれません。ただ、バリアフリー的な要素を伴う改修工事の際にはお得です。

例えば、ほぼ寝たきりの状況の介護が必要な家族が居る場合、この方の寝ている部屋の窓を、単板ガラスから複層ガラス(ペアガラス)に交換したり、あるいは既存の窓の内側にもう一つ窓を設置するインナーサッシを設置する工事を行うとしましまょう。目的は温度対策と、結果的には防音対策にも繋がるはず。これと同時に浴室やトイレ、洗面所や廊下に手摺を設けたり、段差の解消措置を講じたりすれば、これもエコポイントが貰えます。

しかもこちらのポイントは、率が良いような気がします。
浴室に手摺を設置した場合、手摺の本数に関わらず(つまり1本でも5本でも同じという意味)、還元されるポイントは5000ポイント。つまり5000円。これは洗面所でも廊下でも同じで、すべて一律5000円なのです。

手摺一本の設置費用は長さや材質にもよりますが、安ければ一本一万円台からある筈。それに取り付け金物や人件費が加わったとしても、その価格と比較すれば5000円は率とすれば大きい。この辺り、損得勘定の計算だけでは無いと思いますが、「いつかやりたい」とお考えの方は、この機会に検討してみることもありかもしれませんね。


天工舎一級建築事務所
10年02月23日 09時32分27秒
Posted by: tenkoushya
新聞の見出しに、「TOYOTAに召喚獣」と書かれてあるのを見て驚いた。
TOYATAは遂に、バハムートやリヴァイアサンを呼び出すことに成功したのか・・・とまでは思わないが、一瞬驚いたことはホント。これつまり、思い込みからくる読み間違い。

その人の中で日常的に聞きなれている、あるいは使い慣れている言葉の最初の語句や文字を見ると、その続きは、こうに違いないと脳が決め付けてしまい、とんでもない勘違いをすることがある。

それは言葉や文字に限らず、行動でも同じだ。
たとえば交通違反の取締りをしている警官が、ドライバーが耳元に光る物を押し当てながら運転している光景を見たら、それはもう間違いなく「携帯電話を使用しながら運転している」と思い込んでしまう事もあるだろう。ドライバーを呼び止めて詰問すると、ただ耳が痒くて掻いていただけで、携帯電話に違いないと思ったものは、右腕にはめられた大きな腕時計だったりする。

これつまり、思い込みからくる間違いなのだが、間違えたらごめんなさいと言えば済む話。ところがそれがなかなか難しいのだ。立場や状況により、「間違いました、ごめんなさい」と言えないことは、誰にでも心当たりがある話。もちろん私にも、沢山ある。

こういうことがキチンと出来る人が、本当の意味での大人なのでしょう。
今日は私の誕生日。また一つ年を重ねるのだが、子供の頃に思い描いていた本当の意味での大人になる日は、まだ先なのかもしれない。
だって、いくらなんでもTOYATAは召喚士じゃないからね(笑)
そんな間違いは、大人はしないからなぁ・・・・・・。


天工舎一級建築事務所

10年02月22日 09時43分02秒
Posted by: tenkoushya
住宅の計画をしていると、気になるのが玄関周りのサイン計画だ。
玄関の周りには、表札をはじめインターホンやらポストやらと、何かとゴチャゴチャした物が必要だ。
それを理路整然と考えて並べられている家は、意外と多くない。
それぞれにお金も掛かるし、節約したい所は節約したい気持ちも分かるが、費用を掛けずとも気を使うことは出来るので、そこら辺りはキチンと考えると、「顔の綺麗な家」になると思う。

このとき、一番難しいのはポストだと思う。
露出型のポストも良いが、郵便物の投入口だけを設ける場合もある。
この投入口の名前を、<ワニ口>と呼ぶ。その名のとおり、ワニの口のように見えるからだ。
post.jpg

だけど本当に噛まれてしまうとは誰も思っていないし、もちろん私だって思っていない。
だがこのワニの口に噛まれてしまう事故が起こったようだ。

ポスト付き玄関ドアで手を切る

もし噛まれたら、慌てずにもう片方の手で口を開かせ、そっと引き抜けば大事にはならないそうな。
昔、むつごろうさんが同じことを言っていたような気がする。
「動物に噛まれても慌てて引き抜かないこと。引き抜くと余計噛むから」と。
お気を下さい。


天工舎一級建築事務所
10年02月18日 09時21分30秒
Posted by: tenkoushya
フラワーポットの中で、雪に埋もれながら咲いている花。
寒かろうに。

今日は公立高校の後期の受験日。
雪だけに、足元に気をつけて。
きっと雪でも花は咲きますから。

flower.7.jpg

天工舎一級建築事務所
10年02月17日 10時00分00秒
Posted by: tenkoushya
某住宅のエクステリアの計画中。
住宅の境界エリアに関して、閉じるべきか開くべきかと言う私の考え方は置いといて、門扉やカーポートを設置したいと考えるクライアントに対して、「絶対に止めましょう!」とは言わない。様々な考え方や事例を紹介しながら、「土地を閉じる目的」や「意味や意義」を話し合う事はするが、それでも、住み手の欲する安心感や満足感、その他諸々の考え方を180度ひっくり返してやろうとは思わない。
建物が建つ地域の特性だってあるし、周囲との調和と言う問題だってあるからだ。

それにもし私がやらなくても、他の誰かがその計画をするのだとしたら、自分がやる事が一番望ましいとも思う。ところが、たまに閉じるエクステリアを考えると、これはこれで難しい。理由は簡単。閉じるエクステリアを考える時、既製品を使うのが最も価格を低く押さえる事が出来そうだからだ。つまりカタログを眺める作業が中心なのだ。これはこれで、結構大変なのです。

null
(上の写真は神奈川県小田原市の家/参考写真でこの話とは関係有りません)

» 続きを読む

10年02月15日 09時53分32秒
Posted by: tenkoushya
日本中のお茶の間から、一斉に溜息が聞こえてきた気がする、昨日の「女子モーグル」決勝。
上村愛子選手の後の、残り4人の選手の滑りを、息を飲むように観ていました。スポーツ観て、あんなに緊張したのは久しぶりでした。結果は惜しくもメダルを逃してしまいましたが、なんか、物凄く見応えがありました。さすがオリンピック。

スポーツとは少し違いますが、今は受験シーズンの真っ只中です。
小・中・高・大と、それぞれの受験が、まさに今行われています。
今日辺りも、一部の私立高校では合格発表があったりするのかもしれません。

頑張れニッポン!
頑張れ受験生!・・・・・そして親も。

少子化が進む中、景気が下がっても子供の教育に掛かる費用は、下がるどころか上る一方。
勿論、何処までも子供の教育費を払い続けられるご家庭は良いのですが、そうでないご家庭は、家での勉強を頑張ってもらうしかありません。とは言っても、勉強って楽しくないですからねぇ・・・・。

でもお子さんが勉強を楽しいと思える環境を、家の中で整えてあげれば、ひょっとするとひょっとするかもしれません?これから家を建てようと考えられている方は、そのコンセプトに「賢い子供が育つ家」と言うテーマを掲げてみては如何でしょう?きっと、目からうろこのアイディアが出てくることと思います。ただし何よりも大切な事は、親子の強い信頼関係と愛情。それさえあれば、どんなことも頑張れるのだと思います。上村選手と、その御母堂様の繋がりを見て、そんなことを思っていました。


天工舎一級建築士事務所
10年02月13日 17時17分20秒
Posted by: tenkoushya
HPをリニューアルしてみた。
何年ぶりだろう・・・、タグを触ったの。
あまりに昔のこと過ぎて、ビルダーの使い方さえ忘れてしまった。だから、ほんの少しのリニューアルなのに、もの凄く時間が掛かってしまった。
やっぱり何事も忘れない程度には、触り続けないとダメですね。

今回のリニューアルは、少しだけ建築側にシフトしたサイトの内容にした。
ここ最近、いろいろ考えるところがあったからなのだが、一番大きな理由は私が携わらせていただいた建物の様子や出来上がりを、ちゃんと載せるべきだと思ったから。

今まではブログで、お茶を濁していたけれど、楽しみにして下さっている方が居るんですよね・・・。
そんな当たり前の事を忘れ、なんとなく誤魔化していた事を反省したのです。

とは言え、まだまだリニューアルの途中なので、これから少しずつ修正していこうと思います。
どうぞ、お楽しみに。

それから、なぜか「Mail-form」が、うまくいかないので、そこも調整中。
肝心な点なのにね・・・・・。
エッセイ含めて、いろいろと修正してありますので、また覗いてみて下さい。
宜しく、お願いいたします。
       ↓
       ↓
天工舎一級建築士事務所

10年02月13日 09時25分50秒
Posted by: tenkoushya
カナダのバンクーバーで開催される冬季五輪は、今日が開会式。リアルタイムでは見られませんが、日本選手の活躍を期待しています。それから普段見ることの無い競技、例えばボブスレーとかカーリングとかスケルトン等の競技は、ぜひ見てみたい。今日から二週間を楽しみたいと思います。

オリンピックと言えば、ギリシア神話を思い浮かべるのですが、神話の神と戦う映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の試写会のチケが当たりました。今日の夜の・・・。
連絡が直前過ぎて行けそうもありません。前にも「コルテア」の招待券を、パァにした事が有ったので、なんか悔しいですが仕方ない。
寒い週末ですが、TVの前で熱く盛り上りたいと思います。


天工舎一級建築士事務所
10年02月12日 09時53分01秒
Posted by: tenkoushya
不動産の折り込みチラシを繁々と眺めていると、実に不思議な間取りを見つける事がある。アパートや中古住宅に限らず、新築の一軒家でも、思わず「なんじゃこりゃ?」と言う間取りがある。

今朝の朝刊に載っていた建売住宅の間取り図も、「和室4帖+長細い板の間1帖分、併せて和室5帖」と書かれていた建物があったが、何が何でもそこに和室を作りたかった意図が分からないし、それがエンド・ユーザーの購買意欲に繋がっているとも思えない。もっとも私の勉強不足と言う事だって有り得るから、あまり大きな声では言えないが・・・。

また、TVで人気の?増改築番組でも、改修前の家の間取りが変っているからこそ、改修後の出来に感激するのであって、そう言う意味では改修した人たちよりも、以前の変な間取りを作った人たちの顔を見てみたいと思ったが何度もある。

ふだん、「住み手に個性があるように、家にもその家族だけの個性がある」と言っているが、それはあくまでも良い意味で言っていたつもりだったが、裏返して読み取れば、変な家が存在することも確かに有り得ると言う事なのだろう。

» 続きを読む

10年02月10日 18時01分55秒
Posted by: tenkoushya
午前中、民間の検査機関の方が、営業に来られました。
そう言えば先日も、隣の静岡県の民間検査機関の方が営業に来られました。
確認申請の数が激減し、営業的に厳しいとのことだそうです。

民間とは言え検査機関と言えば、建物の確認申請を認可する期間ですから、私のような建築士にとっては、お世話になっている?ような場所。そこが営業に回ると言うのですから、なんだか不思議な感じです。

もともと民間の検査機関が出来たのは、阪神・淡路の震災以降の話です。震災後に復旧する建物の認可業務が、行政庁だけでは手が回らなかったので、国交省が民間機関を設立したのが始まりだったと記憶しています。


それまでは役所が認可するのですから「民間を上から見下ろす行政目線」と言った感じで、
「私に逆らうと確認下ろさないけど、それでも良いの~」的な雰囲気をプンプン匂わせていました。
ですから民間の検査機関が出来たときには、その対応の違いに驚いたものです。

» 続きを読む

10年02月08日 09時40分18秒
Posted by: tenkoushya
昨日は天気も穏やかな休日だったので、近くの河川敷を散歩してみました。
小一時間ほど歩いていると、面白い光景やら珍しいシーン、普段は見逃してしまっている物が沢山あることに気付きます。歩く速度が違い、目的を持たずに散歩しているだけでに、それらの多くの物が妙に目に留ります。

それはとっても不思議な光景だったり、チョッと感動したり、「ええー!」と、思わず仰け反るほど驚いたりして、とっても面白かったです。写真は散歩していた、酒匂川の支流・狩川の河川敷から見た富士山。

この右手に川があるのですが、土手の草刈りがされ、川底がさらわれたようで、とても綺麗に見えています。
null

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 || Next»