昨年末にプレハブ事務所の遮熱工事を施工させていただきました。

お客さまの心配は、プレハブだと夏は当然暑く・冬はすごく寒い(特に足元の冷え)ということで、今回は内装仕上げまでお任せいただいたので、床・壁・天井の全てにトップヒートバリアー遮熱材を入れさせていただきました。


施工前
施工前写真。仮設現場事務所で使われる一般的なプレハブ小屋。


木下地
壁・天井は木で下地胴縁を組みました。(これにより結露対策も兼ねています)


床シート張り
床は冬場の冷え込み対策で全面敷込み


壁天井シート張り
床・壁・天井全てに遮熱


壁天井ボード張り
壁・天井は遮熱材を施工した上に更に木胴縁を設け、下地ボード張り


床OAフロアー
床は遮熱材の上にOAフロアー敷き


壁天井クロス張り
壁・天井はクロス張り仕上げ


床塩ビタイル
床は塩ビタイル仕上げ


完了
工事完了


年末はかなり冷え込む日が多かったのですが、窓から日が差すと熱が逃げていかず、今回工事では暖房器具は一切使用しませんでした。
日当たりが良いので、日中は上着を脱いで作業していたくらいです。

夏場は、屋根・外壁の外板がかなり熱くなりますが、室内にはその放射熱が入ってこないので、かなりエアコンが効く(省エネ効果)と思います。


事務所環境づくりのお手伝いをさせていただき、ありがとうございました。


今後も「快適な環境づくりが、ひいては社会環境・地球環境づくりになる」という理念のもとに皆さまのお手伝いをさせていただきます!

 

人気ブログランキングへ ← 宜しければクリックのご協力をお願いしますm(__)m