2012年 6月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
12年06月22日 10時11分33秒
Posted by: nobushi
 
 昨年から福島では不安が渦巻く。
この状況に建築人として何ができるか、どんなメッセージをだせるだろうか。結果、ふくは家(うち)の計画にあたった。

 建築設計界では昔から、建物には地域の気候・風土を織り込む事が重要と言われてきた。しかしこれは意外と難しい。その一因にメディアの発展があるとように思う。いろいろな情報に溢れている中では「南欧風の家に住んでみたい」とも思ってしまうからである。

 汚されてしまった福島。他の地域と同じ建築で良いのだろうか。他の地域と同じでは負けてしまう。今、この福島だからこそ風土・地域性を建築にこめ、魅力的なものを造らなくてはならないし、不安を和らげるメッセージを送らなくてはならないと思う。特に設計者の責任は他地域の比ではなく、重い。

 現在、外壁における放射線透過率提示の材料を知らない。どのメーカーも提示していない。きっと計測もしていない。それは特に問題なのが47都道府県の中の1県、1/47だからではないか。・・という話を建材メーカーのS社H氏にしたら、1日いろいろ動いてくれた。ありがたく思った。このような方がいると力が沸く。

 今日から3日間ビックパレット6階で「放射能対策住宅ふくは家(うち)おひろめ会」を行います。11:00~18:00です。また土日にはその説明会を13:30~行います。ぜひ、よろしくお願いします。
null
写真は先月実施の福島会場風景
12年06月09日 18時57分57秒
Posted by: nobushi
 今日の福島は梅雨本番を思わせる雨空。

 長い間ブログを留守にしてしまいました。これは新緑が美ししすぎるからでも、仕事が忙しすぎるから・・、ネガティブな気持ちになっていたから・・、飲んだくれていたからでも、どっか旅に行っていたからでもありません。きっと三国志かぶれになってしまったからです。ちょっと書かなくなると、書き始めるのには少しエネルギーが必要になります。何度も訪問していただいた方には大変失礼しました。

 ご承知の方もいらっしゃるでしょうか。現在BSフジで月~金の夕方に三国志を放映中。現在第50話です。赤壁の戦いが終わり、劉備玄徳(りゅうびげんとく)が自分の地位を着々と固めている・・という段階にきています。またGyaO!でも放映されてます。
我が家にはこの放映までは三国志全巻の漫画と、諸葛孔明の本と、三国志トランプがある程度で、しばらくその存在は忘れられていました。三国志は一度読み出すと長く、前の方を忘れてしまい、もう一度読まなくてはならなくなり、そのスパイラルから抜け出せなくなり大変危険なのです。

 近頃はTV放映を録画、映画のレッドクリフのDVDも見、長らく忘れていた漫画も読みだし、時々GyaO!も見ています。家族4人のうち3人がそのスパイラルにはまってしまい、今では「このニュースは三国志的にはどうみるべきだろう」とか、「それは曹操(そうそう)的考え方だぁ」とか、「そんなことしてると周瑜(しゅうゆ)になってしまう」とか、「もっと大局的な見地てみるべきだ」とか、「三顧の礼をつくせ」とか、「ケーキ 三分の計」や、「孔明ならそんなことはしない」などと日常会話にも出てくる始末です。

 現在、全体の半分が過ぎたぐらいで、まだまだ続きます。おまけに今後登場人物が飛躍的に増えてくるため、予習復習をしないと理解が難しい局面に入っています。しかし、このようにブログが書ける状況になったのは「かぶれ」が少し解消したのかもしれません。

 やっぱりブログを書くという大志を抱いたのだから劉備(りゅうび)のように信念をつらぬくべきなのです。

null

写真は曹操(そうそう)です
«Prev || 1 || Next»