川崎市で計画のあった民間保育園のプロポーザルに参加しました。

結果は惜しくも落選というものでしたが、今までにない楽しい保育園案を提案できたと思います。
敷地の形状と方位から考えると、南に向けて保育室を並べるべきですが、プロポーザル要綱の中で示された保育園のコンセプトとL型配置に近づけながら考えた案になっています。

「笑顔あふれる保育園」
この保育園コンセプトとL型配置から考えた配置が、皆の笑顔が見える夢の保育園プランです。
廊下をなるべく短くしながら園庭に向けて保育室を配置しています。どの場所からも園児の笑顔が見る、見守ることができる、私なりに考えた優しさのデザインです。

今回のプロポーザルは提出期限と採用者の発表日数、提出事務所数などから考えて、選定方法については疑問のあるものでしたが、今後の業務に役立てることができる経験ができました!!
【住環境性能+Design住宅 森建築設計】