CASBEE をご存じだろうか?
日本語では「建築環境総合性能評価システム」という。ざっくり分かりやくす
いえば建物の総合的なエコ度を評価するシステムだ。総合的にという意味
は、建物自体だけでなく建物が周辺環境へ及ぼす影響も評価すること。

さてこのCASBEEだが一般社会ではほとんど認知されていない。大きな
ビルでは確認申請に添付が義務付けられているから使われているが住宅
れべるではほとんど使われていない。

私もCASBEE戸建ての評価員資格を持っているがまだ実際に評価したこ
とはない。理由は単純で、税制優遇や金利優遇、補助金などの制度がほと
んどないから。長期優良住宅が補助金や税制優遇で一気に広まったことを
考えれば一目瞭然だ。

もうひとつの問題は、評価方法が複雑で専門的な知識が必要なことにある。
どんなに良いシステムでも使われなくては無用の長物だ。そんななか、建築
環境・省エネルギー機構がCASBEEの大衆化を図り新たなツールを公表した。

CASBEE不動産マーケット普及版というそうだ。
評価を簡略化したことと、国際的に通用するツールとなるよう改良をした。

このCASBEE、実は日本独自の評価システムだ。各国で評価システムが
あり、評価方法を世界で共通化する議論を国際環境計画(UNEP)で進め
ている。米国の環境性能評価システムであるLEED(リード)や、英国の
BREEAM(ブリーム)などとの連携にも配慮したようだ。

CASBEE不動産マーケット普及版は1年後の完成を目指し研究を進めている。

CASBEEは何処へ行くのか?良いシステムなので自己満足ではなく総合
環境評価の必須アイテムとなるよう成長してほしいものだ。

■ブログ目次■
ブログ総目次 : http://moriken.p1.bindsite.jp/hobby/blog.html
進行中物件の目次 : http://moriken.p1.bindsite.jp/works/worksblog.html
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説


陽だまりと木陰で暮らす、地球と住民に優しい家づくり【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
【省エネ・エコ住宅の設計手法】住環環境を具体的数値で評価する設計手法
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp