2010年 11月の記事一覧

«Prev1Next»
10年11月30日 09時26分00秒
Posted by: moriken
○得、土地建物の税金ガイドシリーズ15
「2世帯住宅の税金について」

2世帯住宅では、親または子の単独名義、親と子の共有名義、
親と子がそれぞれ各自の名義とする3ケースが考えられます。
この3ケースについて、かかる税金を解説します。

①親または子の単独名義の場合
この場合の税金は子が単独で建築したときの税金を同じなので、
所有地に住宅を新築したときの税金を参照ください。
http://morikentiku.at.webry.info/201008/article_8.html

注意点としては、どちらかが資金援助を受ける場合です。援助分は
贈与とみなされ贈与税が課せられます。ただし親等からの資金を
贈与の場合、住宅取得時の非課税枠があり、通常は500万円、
2011年12月31日までは1000万円に拡充されています。

(基礎控除分を含めると500万→610万、1000万→1110万)

②親と子の共有名義の場合
共有名義とすれば贈与分の贈与税がかかりません。また、それぞれ
住宅ローンを組めば、住宅ローン控除も2世帯分適用されます。
相続時に相続税の課税対象となることを考えると、できるだけ子世帯
の名義分を多くしておいた方がいいでしょう。

③親と子、それぞれ区分所有とする
マンションのように区分登記すると、登録免許税、不動産取得税、
固定資産税などが安くなることが多いです。

区分所有には重大な要件があります。玄関を二つ設け、中で行き来
できないよう完全に分離しなければいけません。基準法では「長屋」
扱いとなります。

ではどのくらい税金が安くなるのでしょうか。
・不動産取得税は50m2以上240m2以下の場合、固定資産税評価額
 から1200万円が控除されます。例えば、260m2の住宅を建てるより
 130m2を2戸建てた方が税金が安くなります。

・土地の固定資産税の、敷地面積が200m2までの部分は固定資産税
 評価額が1/6ですが、それを超える部分は1/3になります。2戸に
 分けた方が小規模住宅用地の軽減措置を受けて税金が安くなります。

結論→延べ床面積240m2(73坪)以上の住宅を建てるなら、区分所有
    にすれば50万円程の節税になるでしょう。


 土地・建物の税金ガイド 目次
1 住宅ローン減税
2 認定長期優良住宅の優遇政策
3 課税標準について
4 土地建物に関する税金基礎知識
5 土地を購入したときの税金
6 土地を購入したときの税金 補足
7 中古住宅を購入したときの税金
8 住宅ローンの税金と控除
9 不動産購入 単独名義と共有名義どちらが得?
10 所有地に戸建て住宅を新築したときの税額
11 所有地に事務所併用住宅を新築したときの税金
12 駐車場に賃貸住宅を新築するメリット
13 住宅リフォームの税金
14 親の土地に家と建てるときの注意点
15 2世帯住宅の税金について

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp

10年11月29日 13時54分13秒
Posted by: moriken
null
龍馬が死んだ。
NHK大河ドラマ「龍馬伝」の最終回である。

知っていることとはいえ、辛い場面だ。暗殺シーンに選挙速報のテロップ
が入ったことに対し200件の苦情の電話が入ったそうだ。私も同感です。

司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を最初に読んで20年が経った。
その時の感動、自分も何かしたいと強く思いながら小さくまとまってしまう
自分の不甲斐なさを恥じた。

龍馬伝の初回後に、福山雅治と龍馬のイメージが重ならない。人気取りを
狙ったNHKの人選ミスではないかとブログで投稿したのを思い出す。

福山さんも頑張ってはいたが、司馬遼太郎の龍馬がゆくを読み自分自身で
作り上げた龍馬のイメージとは最後まで程遠かった。日本人誰もが知って
いる人物だけに龍馬は難しい役柄である。

福山と龍馬のイメージが違おうがそんなことはどうでもよい。問題は今の
日本だ。国を憂い、身を犠牲にしてでも国の将来を考える心を国民全てが
持たないといけない。

それともう一つ、「龍馬伝」最後の4回~5回の放送分は駆け足すぎや
しないかい、NHKさん。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp

10年11月28日 08時55分25秒
Posted by: moriken
木材研究会シリーズ 3 「天然乾燥材ではだめか?」

前回にひきつづき、材の乾燥に関するお話です。
現代の木材はほとんどが人工乾燥材が使われています。昔はすべての
木材は天然乾燥だったのに、何故人工乾燥に替わってきたのか?

天然乾燥と聞くと高級のような気もしますが、天然と人工、実験に基づい
た比較を紹介します。

(1)天然乾燥の長所と短所
  ①長所 
    ・材の色艶が失われない。(紫外線等による経年変化はある)
    ・乾燥温度が低いので、人工乾燥に比べ熱による変質が少ない。
    ・乾燥コストが安い
  ②短所
    ・乾燥時間(期間)が長い
    ・仕上がり含水率は15%程度である。

(2)人工乾燥の長所と短所
  ①長所
    ・肝臓時間(期間)が短い
    ・温度と湿度の制御が可能なため割れ等の損傷が起こりにく。
    ・仕上がり含水率を天然乾燥に比べ低く設定できる。
    ・蒸気式では、ヤニ防止ができる。
  ②短所
    ・高い温度で乾燥すると、変色が起こる。
    ・必要以上の温度や高湿処理では、材質劣化が起こる。

高級だと感じていた天然乾燥のコストが安いということが分かりますね。

前回の使用部位による含水率と合わせて読んでいただけると気付き
ますが、天然乾燥の最大の弱点は含水率の高さです。

天然乾燥の仕上がり含水率15%に対し、住宅完成後の材の含水率は
12%~13%で安定しますから、必ず収縮するということが分かります。
収縮するということは割れが発生して仕上げにヒビなどの問題ご起こる
可能性があるということですね。

次回は人工乾燥についてご紹介する予定です。


木材研究会関連ブログ
1、木の割れと強度: http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_17.html
2、木の含水率はどの程度がよいか: http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_21.html
3、天然乾燥材ではだめか?:: http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_28.html
4、最新の人工乾燥工法 高温セット: http://morikentiku.at.webry.info/201012/article_2.html
5、木材の強度とヤング係数について: http://morikentiku.at.webry.info/201012/article_12.html
6、芯材の耐久性: http://morikentiku.at.webry.info/201012/article_13.html
7、木造住宅のCO2削減量:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_15.html
8、木造住宅のCO2排出量:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_20.html
9、構造別、製造・建設時のCO2排出量比較:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_22.html
10、大規模木造建築をつくるポイント:http://morikentiku.at.webry.info/201104/article_9.html

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月27日 12時57分26秒
Posted by: moriken
null
京都福知山の家が上棟しました。急きょ長期優良住宅仕様で建設
することとなり認定取得などで遅れていましたが、ようやく上棟です。

写真右は先行して着工した事務所・倉庫棟で左側が母屋です。
私自身は道路に対して軒先を平行に流したかったのですが、建築主
の強い希望で写真の屋根方向となりました。

2棟の屋根勾配を揃えているので、道路斜めから見ると1棟のように
感じます。そもそも地盤が80センチ上がっているうえに建物高さが
高いので、圧巻の迫力です。

20101127小舞下地.jpg
次の写真は壁の下地の状況です。今はほとんど使われなくなった
竹を編んだ下地(小舞下地)です。土壁の芯になる部分ですね。

長期優良住宅仕様の次世代省エネ基準の断熱材が必要なので、
旭化成ネオマフォーム45ミリを充填させ、その内側に60ミリの土壁
を塗ります。壁総厚さ105ミリ、4寸柱ですので柱ちり15ミリとなります。

土壁は断熱性能は期待できませんが、調湿性能と蓄熱性能が非常に
高く、安定した室内空気環境を実現してくれるでしょう。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月26日 09時23分22秒
Posted by: moriken
昨日は、横浜中区の大規模リフォームの現地調査へ行ってきました。
外壁の状況を調査し、リフォーム予定の部屋の窓から外の風景を
ゆっくりと眺め、部屋のボリュームや雰囲気を身体に染み込ませます。

あとは身体の中でアイデアが熟成されるのを待ち、構想を練っていく
のです。ファーストプラン提出まで1カ月ほど、私自身楽しい時間でもあります。

null
さて、今日はコカコーラが販売している缶飲料、トマトバジルを紹介します。
駅の自販機でも購入できる新商品で、厳選した国産トマトの旨みにバジル
の香りを効かせた、贅沢なおいしさです。

ビストローネセレクトシリーズの一品で、他にコーンポタージュ味と
ポテトアンドチーズ味の2種類があるようです。
詳しくは下のページでご確認ください。
http://www.cocacola.co.jp/products/lineup/bistrone.html

缶コーヒーや紅茶よりも、少し贅沢で、健康になったようか気がしますよ。

横浜市中区の住宅リフォームブログ 目次
1 第一回打合せ:http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_19.html
2 現地調査  :http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_26.html
3 設計見積り :http://morikentiku.at.webry.info/201101/article_5.html
4 ファーストプレゼン:http://morikentiku.at.webry.info/201101/article_14.html
5 設計監理依頼:http://morikentiku.at.webry.info/201102/article_20.html
6 設計監理契約締結:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_6.html

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp

10年11月25日 12時07分53秒
Posted by: moriken
null
青山のワタリウム美術館で開催されている「藤本壮介」展へ行ってきました。

藤本壮介さん
2000年2月、青森県立美術館設計競技で2位となり一躍注目を浴び、
2008年2月、「情緒障害児短期治療施設」(2006年竣工。北海道伊達市)
で2008年度日本建築大賞を受賞。

展覧会の詳細は下のアドレスでご覧ください。
http://www.watarium.co.jp/exhibition/index.html

会場には所狭しと模型やスケッチが配置され、人とすれ違うこともできないくらい。
小さな小さな模型から1/1模型、発送の原点となるようなスケッチなど、藤本さん
の豊かな発想力を感じることができます。

近くて多い渦巻きの家
積み木のような長屋
中のような外の空間
本棚でできた図書館

など、興味深い展覧会でした。
当初11月28までだった会期は来年1月16日まで延長されたようです。

ワタリウム美術館のすぐ近くに「BC工房」というイスとテーブルの工房
があります。骨組みはミャンマー、布地は相模原で制作している家具屋
さんです。ワタリウムへ行った時には立ち寄ってみたら楽しいですよ。

青山BC工房
http://www.bc-kobo.co.jp/kb-ay.html

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月24日 07時57分51秒
Posted by: moriken
null

超お勧めのZマーク金物を紹介します。

開口部(窓)の上部または上下に設置すれば耐力壁になる金物です。
通常は水平面に火打ち金物として使用する物ですが、垂直面に使用
することで、45×90の片筋交いと同程度の壁倍率になります。

柱間隔は三尺から九尺まで対応しています。

トイレやお風呂の三尺窓、六尺腰窓の上下に設置。六尺の掃きだし窓
の上部に設置しても耐力壁として認定してくれます。

建売住宅などでは窓部分を耐力壁にしなければいけないほど壁不足
ということはないと思いますが、設計事務所案件で連続窓を設置したい
ときなどにとても便利でしょう。構造計算なしで壁量計算で対応可能です。


詳しくは下記へアクセスして下さい。
耐震補強研究所:http://taishin.bz/

情熱的な大津社長が対応してくれると思います。

注目の建材・設備機器の紹介シリーズ
1.ダクトレスレンジフード:http://morikentiku.at.webry.info/201002/article_27.html
2.モルタル通気工法:http://morikentiku.at.webry.info/201008/article_23.html
3.省エネ型アルミサッシ:http://morikentiku.at.webry.info/201009/article_10.html
4.太陽光発電パネルの注意点:http://morikentiku.at.webry.info/201010/article_13.html
5.開口部が耐力壁になる金物:http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_24.html
6.麦わらボードOSSB:http://morikentiku.at.webry.info/201101/article_13.html
7.麦わらボードの着色:http://morikentiku.at.webry.info/201101/article_15.html
8.有機EL照明:http://morikentiku.at.webry.info/201102/article_10.html
9.2011ジャパンショップ:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_10.html
10.4リットルの超節水型便器:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_18.html
11.継ぎ目の見えない集成材EW8:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_30.html
12.麦わらボードフロア:http://morikentiku.at.webry.info/201104/article_20.html
13.エコナビ

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人に優しい家づくり 【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月23日 18時02分47秒
Posted by: moriken
昨日、神奈川県古民家再生協会 設立総会へ出席してきました。
設立総会といっても10名ほど、まだまだ小さな団体です。

この団体は古民家鑑定士などを中心として、築60年以上の古民家
再生保存していくことを目的としています。再生保存のなかには、
解体した古材を再利用することも含みます。

古民家1棟を解体焼却処分してしまうと、約1300本の木を失うに
等しい二酸化炭素を放出します。また、築後100年が最も強度が
高いと言われる優れた木材を焼却することなく再利用することにより
地球温暖化に貢献できるのです。

私が古民家再生に取り組んでいるのは地球温暖化防止でけではあり
ません。一番の理由は古民家が好きだから。

木造建築の構造美、古材の持つ存在感を利用して、単に古材梁を
入れるような記号化されたものではない、設計事務所としての再生
技術を研究しています。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月22日 22時30分05秒
Posted by: moriken
null
グラスウールなどの断熱材が異例の品薄状態だそうだ。

私の関係する現場、京都の福知山の家は仕上げ工程に入っているし、
他はまだ計画段階なので、直接の影響がまったくなく知らなかった。

品薄の原因は長期優良住宅認定の期限が迫ったことによるようだ。
次世代省エネ基準による施工が必要な長期優良住宅の施工件数が
多く、断熱材の品薄状態となったそうだ。

長期優良住宅優遇の政策は来年も継続されるようなので、焦ることは
ない。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月21日 00時01分11秒
Posted by: moriken
null
昨日から1泊で友人の別荘へ招待され山中湖へ行ってきました。

山中湖の南に位置する太平山山頂からの富士山の眺めは絶景です。
日本人は何故富士山に魅了されるのか。雄大な富士の眺めが嫌いな
人に会ったことがありません。

といっても、合う人すべてに富士山が好きか嫌いかなんて聞いてませんが。

金曜夜9時過ぎに別荘へ到着、子供たちを寝かしつけて、明け方の3時
まで美味しいつまみでワインを飲み。今日は遅めの朝食から、お昼は
蕎麦、その後温泉でゆっくり身体を癒して、夜は焼き鳥バーベキュー
までいただきました。

まさに、リゾートフルコース。

友人様どうもありがとうございました。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月19日 10時56分17秒
Posted by: moriken
昨日は横浜市中区の鉄骨住宅リフォームの打合せをしてきました。

このお客様は今年夏に開催した展覧会「ヒントが見える建築家展」
の関係でお話をいただいた方です。

お宅へお邪魔すると、私も驚くような構造美の住宅でした。これは
私が設計しなければいけない。そう思わせる素敵な家です。

眺望を活かし、外部をどう上手く取り込むか、そしてお客様から感じる
おおらかな人間性をどう受け止めインテリアプランを提案するか、
まさに腕の見せ所です。

先日敷地調査してきた千葉外房の家とともに、やる気を触発される
お計画です。


横浜市中区の住宅リフォームブログ 目次
1 第一回打合せ:http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_19.html
2 現地調査  :http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_26.html
3 設計見積り :http://morikentiku.at.webry.info/201101/article_5.html
4 ファーストプレゼン:http://morikentiku.at.webry.info/201101/article_14.html
5 設計監理依頼:http://morikentiku.at.webry.info/201102/article_20.html
6 設計監理契約締結:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_6.html
ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月18日 08時45分50秒
Posted by: moriken
昨日は国際展示場で開催中のジャパンホームショ―へ行って
きました。ジャパンホームショ―は国内外の様々なメーカー等
が新製品などを展示する展示会です。

この展示会内で建築知識主催による伊礼智さんの講演会があ
ったので拝聴してきました。

伊礼智さんは沖縄出身の建築家で、コンパクトななかに居心地
がいい場所がたくさんある、落ち着いた気持ちのいい住宅を設計
されている方です。標準化建築家住宅にも力をいれています。

さて、講演会の題目は「開口部の設計作法」で、主に開口部に
焦点をあて、思考プロセス、どんなことを目指し注意しながら設計
したかというお話を聞きました。

(1)記憶に残る言葉
伊礼さんには記憶に残る(大切にしている)言葉が2つあるそうです。
①哲学者 野矢茂樹さんの言葉
 「設計って外部をどれだけ採り入れるかでしょ?」

 なかなかドキッとする言葉ですね。豊かなものは全て外部から
 入ってくる。光・風・景色・音など豊かさを選択して上手く取り込む
 ことが大切だとう言葉です。

 反面、都会には豊かではない物もたくさんあります。騒音、匂い、
 視線など。これらを上手く遮断することも必要なのでしょう。

②建築家 永田昌民さんの言葉
 「遠くが見えるところに窓を設ける」

 これも明確な言葉ですね。施主に複雑な説明をしても分かって
 もらえない、できるだけ短い言葉の方が分かりやすいという事
 です。小泉総理時代の小泉語録もそうですね。ワンフレーズ!

 遠くが見えるところに窓を設け、あとは極力壁、窓は設けない。
 換気通風で必要な小窓だけ空ける。どうやって壁を残すかを
 考えないと、散漫な家になるとの事です。その通りだと思います。

③伊礼さん自身も「外と内の関係を考えて開口部を設計」しているそうです。

(2)敷地の外とのほどよい関係
伊礼さんはいつも敷地外とのほどよい関係を考えて開口部を設計
しているそうです。高い壁で遮断するのではなく、ほどよく視線を
遮りながら風は気持ちよく入る。

ソヨゴ、ヤマモミジ、イロハモミジ、クロチクなどで緑のカーテンを
作って視線を遮ることが多いそうです。壁ならば座ると隠れるけど
立つと少し見える程度の低い壁。

その他、実際の設計例をあげて具体的なお話を聞けました。
貴重なお話どうもありがとうございます。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月16日 09時53分33秒
Posted by: moriken
昨日、東理恵さんの講演会へ行ってきた。

東理恵さんは、父である建築家 東孝光さんの設計した「塔の家」
で育ち、自らも建築家となり設計活動をしている方です。
「星のや軽井沢」の設計者といえばピンとくるでしょうか。

塔の家は、青山キラー通り沿いのわずか6坪の土地に、ワンフロア
7畳、地下1階地上4階建てのコンクリート住宅です。

ワンフロア7畳の中に階段があるのですから、階段室住宅、階段の
踊り場で生活しているような狭さです。1966年に完成したこの住宅
に東利恵さんは今も暮らしているそうです。

塔の家は究極の狭さと巧みな設計プランにより、竣工当時から話題
となり、今では世界で最も有名な住宅の一つとなっています。
数年前、東利恵さんの友人であるアメリカ人建築家が日本へ来る事
になり、「塔の家に泊まるのが世界の建築家の夢だ!」と頼まれ、
1週間家を明け渡したそうです。

そんな東利恵さんは、星のや軽井沢をはじめとする星野リゾートの
関連施設の設計で注目を集めてきました。日本的な文化、住空間
をベースとした落ち着いた空間づくり、地域性を活かした独特な着眼点
で設計されています。星のや軽井沢、星のや京都、につづき今は
沖縄のリゾート施設に携わっているそうです。

講演のなかで自分の心に染みた言葉があるので紹介します。
①「父・東孝光氏の設計はフォトジェニックではない。写真では良さ
  が伝わらないが、訪れてみると深いところまで読み込んだ設計力
  の高さが分かり空間としての質も高い。実際に行って見てみると、
  目の前にあるものだけでなく自分の後ろの風景の記憶も空間の
  印象として感じるからだ。

②シークエンス(移動することで変化する景色、徐々に変わっていくデザイン)
  を意識したヒエラルキーに興味があり設計に反映させている。
  欧米では奥は物理的な距離にしかすぎないが、日本には奥行き
  という概念がある。

③塔の家に育ち、標準とか基本にとらわれない感覚と身に付けた。
 リゾートの客室設計でいうと、ベッド・ベッド横の棚・机という3点
 セットを一度捨てるところから始める手法に活かされている。

東利恵さんの今後の活躍に注目していきたい。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月14日 17時56分47秒
Posted by: moriken
久しぶりにホームページに手を加え、完成が近付いてきました。
といっても完成度50%ですが。

今回手を加えてのは、ブログへのリンクで止めておいたページ
10ページの作成・公開です。


①僕が目指す住宅設計
豊かなアウトドアのある家:http://moriken.p1.bindsite.jp/principle/outdoor.html
ロハス~パッシブデザイン~:http://moriken.p1.bindsite.jp/principle/lohas.html
小さな家:http://moriken.p1.bindsite.jp/principle/compact.html
ワンルーム空間:http://moriken.p1.bindsite.jp/principle/oneroom.html
病気を追い出す健康住宅:http://moriken.p1.bindsite.jp/principle/health.html

②地球温暖化への取り組み
長期優良住宅:http://moriken.p1.bindsite.jp/warming/longlife.html
光熱費1/2のエコ住宅:http://moriken.p1.bindsite.jp/warming/ecology.html
CASBEE(キャスビー):http://moriken.p1.bindsite.jp/warming/casbee.html
SE構法(木造最強性能):http://moriken.p1.bindsite.jp/warming/SE.html
富士北山の木で建てる会:http://moriken.p1.bindsite.jp/warming/fuji.html

①の「僕が目指す住宅設計」は私の家づくり「マゴコロハウス」の詳細説明です。
マゴコロハウスとは、「豊かな半屋外空間のあるエコロジカルな家」を意味する
造語です。

内部と外部の間(ま・MA)である半屋外空間に住宅の楽しさを見出し、
究極のエコロジーに通じるコンパクト(C)なワンルーム空間(O)を基本理念とし、
自然エネルギーを有効利用するパッシブデザインでエコロジー(eCOLOgy)な
健康(Health)住宅、の頭文字から作りました。

MA+C+O+COLO+H→MACOCOLO House→マゴコロハウス

真心のこもった家づくりでもあります。

まだ作成途中の公開ではありますが、お時間の有る方は②の地球温暖化への
取り組と共にご覧ください。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月13日 19時03分47秒
Posted by: moriken
今日は、住宅建設相談にいらした方の敷地を見に行ってきました。
場所は千葉県の外房。順調にいけば車で2時間で到着する予定が
渋滞もあって丸3時間の小ドライブでした。

土曜日ということもあり、家族でドライブ&ピクニック&浜辺遊びして
ようやく帰宅したところです。

敷地にアウトドアチェアを置き、おにぎりを食べながら敷地周囲の
情報収集。景色がよい方向はどこか、風の方向は、周囲の空き地
に建物が建った状況を想像しながら情報を頭に入れていきます。

続いて敷地をくまなく歩き回り、いろいろな場所からの視線の抜けや
周囲の建物の見え方などを観察。感じた情報をメモ図面に書き込ん
でいきます。

最後に様々な角度で写真撮影をして終了です。

という具合に敷地調査を終え、子供たちと砂浜へ遊びに行き、
ここでおバカな次男がやってくれました。

11月の海ですから、ズボンだけ脱いで波と戯れていたところ、
あまりの楽しさに頭から飛び込んでしまいました。頭から足の先まで
濡れた体はさすがに寒いようで、5分後には海から上がってきました。

そんなこともあろうかと、お着替え一式用意していてよかった。
null
20101113御宿海岸.jpg

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月12日 16時05分16秒
Posted by: moriken
null
今日はマクドナルド関係の仕事で小平まで行ってきました。
高田馬場から小平までの西武線の乗車時間が以外と長いのです。

帰り道、東京急行の広告写真に惹かれ撮影してきましたので紹介します。
「ハッピーは案外近くにある」
20101112ハッピー.jpg
日常の生活で幸せな出来事は沢山あるのです。
見過ごさずに感じてあげましょう。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月11日 17時07分46秒
Posted by: moriken
null
厳戒のAPEC警備体制がひかれている横浜みなとみらいの最寄り駅、
関内駅前を車で通過した。上下線とも10台ほどの警察車両が駐車し、
20m置きに警官が立っている。

関内駅前は検問などはなく、駅前と通り過ぎれば普通の平日よりも
空いているくらいの道路状況だった。警備にあたっている警官は日本
全国から集まっていて、背中の文字を読むだけでも楽しい。

APECは、アジア太平洋地域の持続可能な成長を目的とし、21の国・
地域の首脳が参加するフォーラム。11月13日・14日がオバマ米大統領
や胡錦濤・中国国家主席など参加各国のトップが参加する首脳会議が
行われる。

約8,000人の会議関係者が横浜を訪れ、警察庁は、あわせて2万1,000人
態勢でAPECの警備にあたるとしている。

関連ニュース
APECを警備する「全国のお巡りさんを探せ!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101111-00000002-minkei-l14

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月10日 19時53分17秒
Posted by: moriken
ホームページをリニューアルして3週間近く経ちました。

今日は、リニューアル後初めての住宅相談打合せを行いました。

なんとも嬉しいことです。

今日お会いした方は私とフォーリングが合いそうなご夫婦で、

初回打合せとしてはかなり好印象。フィーリングが合うかどうかは

その後の仕事に大きく関わります。

約1ヶ月後のファーストプラン提示がとても楽しみでございます!!



ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月09日 09時18分49秒
Posted by: moriken
○得、土地・建物の税金ガイドシリーズ14
「親の土地に家を建てるときの注意点」

親の土地を子の名義に変えると贈与税がかかります。土地を親の名義
のままにして、土地の使用賃借によって子が戸建て住宅を新築すると
いう方法がよいでしょう。

①親の土地を子の名義に変える
 親の土地をもらった判断され、贈与税がかかります。この場合、1年間
 に贈与を受けた財産の評価額×50%近い贈与税が発生します。

 なお、時価3000万の土地を親から1000万で買っても、安くなった
 2000万円は贈与とみなされ贈与税が発生します。

②親の土地をタダで借りても贈与税はかからない
 通常、借り主は地主に地代を払いますが、親の土地に子供が家を建て
 る場合、子が親へ地代を払わなくてもいいのです。

 なお、子が親に権利金を払わずに、地代だけを支払う場合、親から子
 に権利金相当額の贈与があったとみなされ贈与税がかかります。

③土地の固定資産税はどちらが払う?
 土地の固定資産税相当額程度の支払いであれば、使用賃借の範囲
 として認められるので、子世帯が負担しても贈与税等の問題は発生
 しません。

④建物の税金
 戸建て住宅の建物にかかる税金は新築住宅と一緒です。
 不動産取得税、保存登記、契約印紙代、住宅ローンの金銭消費賃借
 契約にかかる印紙税、消費税がかかることになります。

 土地・建物の税金ガイド 目次
1 住宅ローン減税
2 認定長期優良住宅の優遇政策
3 課税標準について
4 土地建物に関する税金基礎知識
5 土地を購入したときの税金
6 土地を購入したときの税金 補足
7 中古住宅を購入したときの税金
8 住宅ローンの税金と控除
9 不動産購入 単独名義と共有名義どちらが得?
10 所有地に戸建て住宅を新築したときの税額
11 所有地に事務所併用住宅を新築したときの税金
12 駐車場に賃貸住宅を新築するメリット
13 住宅リフォームの税金
14 親の土地に家と建てるときの注意点


ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp

10年11月08日 17時24分35秒
Posted by: moriken
「神奈川の建築家とつくる家」と題した作品集が発行されます。

いま第一回の原稿を提出したところで、2回ほどチェックしてから

印刷される予定だそうです。

出版社は建築ジャーナル

この出版社は月刊誌「建築ジャーナル」を発行するほか、書籍も
発行しています。

過去には、「九州の建築家とつくる家」や「沖縄の設計事務所との家づくり」、
「建築家の家本 55人の建築家ガイド関東編」など、建築家や設計事務所
を紹介する書籍を発行してきました。

今回、東京に次ぐ設計事務所激戦地域である神奈川に焦点をあてた
建築家紹介書籍を発行することになったそうです。

建築ジャーナルサイトだけでなく一般書店で購入できる書籍ですので、
発行されたらご紹介させていただきますね。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月07日 14時29分47秒
Posted by: moriken
null
キッザニア初体験してきました。

写真はJ-WAVEブースでアナウンサー体験した子供たち。
キッザニア館内ニュースを伝えたアナウンス体験をしたの
ですが、録音したCDを自宅で聞いてみると意外とかっこ
いいんですわ~

おなじみの、ジェ、ジェ、ジェ、ジェ、ジェイウェ~ブのオープニング
から始まり、プロのアナウンサー、子供たちの館内ニュースと続く
のですが、本当のFMラジオを聴いているような出来栄えです、

さて、キッザニアはみなさんご存知ですよね?
子供たちが職業体験できるアミューズメントパークです。消防体験、
救急体験などの他、ハンバーグやピザ、パン作りなど本物の企業
が出店しているブースで職業体験できる施設です、

子供たちは大喜びで、ディズニーランドより楽しい!!と言っていました。
中には子供入室禁止の大人のラウンジスペースもあり、子供を遊ばせ
ながら自分は仕事をすることもできそうでした。

入場料は3500円~4400円(子供)、1900円(大人)、ですから
少々高いかな?きっとリピーターには割引券などもあるのでしょう。

キッザニア東京オフィシャルサイト→http://www.kidzania.jp/tokyo/index.html

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月06日 08時49分33秒
Posted by: moriken
null
ホームページのリニューアルに合わせて、設計施工例の事例集「家物語」
を作りました。

~陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人に優しい家づくり~を実践するため
の設計理念も紹介している、全40ページの事例集です。

1軒の家が完成するまでには様々なドラマがあり、設計から施工のプロセス
の中で大きな問題などを乗り超えながら完成しています。

写真だけでは伝わらない、それらのプロセスを理解していただけるような
事例集となっています。

収録
1、環境共生住宅 5つの設計理念
2、こだわりの施主と建てた凛と佇む家
3、高競争力を実現した4軒の賃貸長屋(神奈川建築コンクール優秀賞受賞)
4、中庭を中心に家族が集う家
5、現代の囲炉裏がある家
6、日本的大人のリゾート 4軒の賃貸住宅計画
7、二つの扇が家族を包む家
8、川崎等々力の家(自邸)紹介

設計施工事例集【家物語】をご希望の方はこちらからお申し込み下さい。
→http://moriken.p1.bindsite.jp/guide/contact2.html


ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
10年11月01日 10時00分36秒
Posted by: moriken
null

現代日本の建築家住宅を知る良書を紹介する。

書名:建築家は住宅で何を考えているのか
著者:難波和彦、千葉学、山代悟
発行所:PHP研究所

著者の3名は東京大学の偉い先生方である。大学の先生であると同時に
自身で実際に建築設計するプロフェッサーアーキテクトでもある。

掲載されている住宅は1960年代から昨年竣工したものまで、40年以上
のスパンの中で厳選されている。
住宅の未来を考える上で重要と思われる10のテーマを掲げ、それぞれ
4軒~5軒の住宅・集合住宅、計41軒の住宅・集合住宅を写真と文章で
解説している。

10のテーマは「家族像」「ライフスタイル」「エコロジカル」「素材/構法」など、
掲載住宅は「塔の家」「住吉の長屋」など60年代の住宅から「森山邸」
「梅林の家」などの最新の住宅までバラエティーに富んでいる。
(住吉の長屋:安藤忠雄)
(塔の家:東 孝光)
(森山邸:西沢立衛)
(梅林の家:妹島和世)

解説が実に分かりやすいので、特にお勧めしたいので一般の方々だ。
PHP新書で内ポケットに入るサイズであり、1住宅6ページ程度の構成で
通勤中の読書本としても最適だ。

出版社の関係者でもなんでもないが、書店で見かけたら手にとってみよう。

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
«Prev1Next»