2010年 3月の記事一覧

«Prev1Next»
10年03月31日 08時19分44秒
Posted by: moriken
null
ここ2週間ほどマクドナルドのプロジェクトで連日外出が続いています。
外出は半日ほどなので、その他の業務が滞ることはありませんが、
年なので体が若干疲れるかな。

外出の帰り道、等々力公園の桜を撮影してきました。まだ3歩咲き
くらいの状態で今週末が見ごろでしょう。
私は1歩咲きていどの先週土曜日に早くも花見パーティーをしました。

陽が照っている間は暖かかったのですが、3時ころから急に寒くなり、
私の自宅へ移動して語らいました。子供たちは完成した屋上ウッドデッキ
で大はしゃぎ。楽しい時間を過ごすことができました。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月28日 14時34分16秒
Posted by: moriken
4月2日横浜で行われる古民家鑑定士試験を受験します。

昔から古民家再生や古材利用に魅力を感じていましたが、いよいよ今年から
実際の業務にも生かしていきたいと思います。

古材利用の魅力ポイントは数々あります。
・古材を廃棄せず使用するのでCO2削減
・極太希少材種などの貴重な木材の再利用
・在来木材にはない存在感や色合い味わいの利用
・住人の思い出を住み継ぐ

古い家だからと簡単に建て替えるのではなく、現代的に再生するという選択肢
もあることを覚えておいてください。
古材利用に興味ある方、古材は意外に安く購入できるので検討してみましょう。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月26日 07時54分22秒
Posted by: moriken
3月10日のブログで「500万お得な住宅優遇政策」の情報をお届しました。
今日は融資金額などを入力すれば、一般の住宅と比べて幾らくらいお得なのか
をシュミレーションしてくれる便利なサイトを見つけたので紹介します。

下のアドレスページを開き
http://www.ncn-se.co.jp/chouki/courtesy/preferential_2010/

null
上のアイコンをクリックしましょう!!
あとは想定される土地代や建物代、借入額・自己資金投入額・親からの贈与額
など必要な項目に記入するだけ。わずか1分でお得金額がわかりますよ。

アイコンの5大メリットの内容も分かりやすく解説しているので参考になります。
1 【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)
2 長期優良住宅で、各種税制の控除や軽減が適用されます
3 木のいえ整備促進事業
4 住宅取得等資金の贈与に関する非課税措置が拡大
5 住宅版エコポイントも上手に活用

5大メリットのなかでも「木のいえ整備促進事業」は長期優良住宅を建設
すれば100万円補助金をもらえるというのだから大注目!!
中小工務店を支援する政策なので、ハウスメーカーや大手ビルダーでは使え
ません。住宅エコポイントキャンペーンを張るハウスメーカーに騙されてはいけません。

上記5大メリットを全て享受するには2010年中に住宅を建設する必要があります。
今年中に完成を目指すなら4月か5月には建設計画をスタートしないと間に合いません。
「木のいえ整備促進事業」の申込は4月には開始されそうなので急ぎましょう。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月25日 09時57分43秒
Posted by: moriken
住宅敷地購入の際はあまり気づかないが、仲介不動産屋などで一般的に
調査報告するような点以外契約する前に調査しておきたい事柄があります。

住宅を建設する時になって余分な資金が100万程度必要となるケースも
あるので極めてお得な情報ですよ。それは敷地地盤の状況と水道引込管
に関する調査です。

①敷地地盤の状況
 敷地が軟弱地盤であった場合、50万円程度の地盤補強工事が必要と
 なります。50万円とえば室内仕上げ工事費に匹敵する金額ですから馬鹿
 にできません。
 これから購入する予定の敷地ですから地盤調査を行うことはできませんが
 周辺状況やネット情報である程度推測するこが可能です。

 ・周辺状況の調査 
  敷地及び周辺の建物基礎や敷地境界塀に亀裂が入っていないか、道路
  面が波打っていないかを確認します。亀裂や波打ちがある場合は軟弱
  地盤であることが多いです。また、敷地近辺に水路・暗渠・池などがある
  場合も軟弱地盤の可能性が高いです。見た目に水路が無くても、公図で
  水路の存在を確認することができます。
 ・敷地が田んぼや畑の跡地のときは、ほぼ地盤補強が必要です。
 ・ネットで入手できる地盤情報
  GEODAS(軟弱地盤マップ)  :http://www.jiban.co.jp/geodas/
  kunijiban(土質試験結果情報) :http://www.kunijiban.pwri.go.jp/
  国土地理院(地理調査主題図):http://www1.gsi.go.jp/index.html
  国土変換(航空写真の閲覧)  :http://archive.gsi.go.jp/airphoto/
  goo地図(現在の航空写真)  :http://map.goo.ne.jp/

②水道引込管の確認
 敷地に水道が引き込まれていない場合、50万~100万の引込費用が
 必要となります。水道引込されていても引込管が古い場合は水道局から
 引込管の交換を指導されるので30万~80万程度の引込費用が発生し 
 ます。
 金額にばらつきがあるのは前面道路のアスファルト厚さや引込管長さに
 よって違いがあるからです。
 いざ住宅建設しようと思ったら100万もの余計な費用が必要だなんてこと  
 になったら大変。既存管の状況は水道局で調査できますので、面倒です
 が敷地購入前に確認しましょう。
 
③下水道管及び枡の確認
 既存宅地又は開発分譲される敷地を購入する場合は問題ありませんが、
 土地を文筆(分割)したような敷地を購入する場合は排水管と排水枡が
 入っていない場合があります。この場合自費で設置しなければいけませ
 ん。金額はアスファルト厚さで変わりますが、30万~50万円の工事申請
 費となることが一般的です。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月23日 21時14分45秒
Posted by: moriken
武蔵小杉.jpg
3月13日開業したJR横須賀線 武蔵小杉駅から初乗車してみた。

マクドナルドの打合せで高崎駅へ行く用事があり、武蔵小杉発 大宮乗換、
高崎駅まで2時間30分というちょっとした旅でした。帰りは乗換無しの湘南
新宿ラインがあり、新駅の便利さを実感いたしました。

と、便利になったのはいいのですが、駅舎はいただけません。まったくもって
味気ない駅です。駅入り口~切符売り場~駅舎、終始一貫して味気ない、
暗い、華やかさがない、おまけに売店もありません。

横須賀線のすぐ隣には新幹線の線路があり、行き帰りとも新幹線を見ること
ができました。いっそのこと新幹線の駅も一緒に作ってくれればよかったの
にな~
null
一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月16日 19時26分17秒
Posted by: moriken
null
今日は「赤い三角屋根の家」の中間検査でした。
木造住宅の中間検査は、構造体の接合金物が設置された段階で検査期間が行います。

検査項目は建物配置や高さ、立面形状などが図面通りか、また耐力壁の施工状況を確認します。中間検査に合格しないと次の工程へ進むことができません。今日の検査では指摘事項はありませんでした。

全州中間3.jpg
写真は内部耐力壁の筋交いです。筋交いは片側からの力にしか抵抗できないので、写真のように対照に設置すればより強くなります。

中間検査前に設計監理として構造金物の総チェックを行いました。
次の工程に進むと隠ぺい部分となり確認できなくなるので、最終チェックをするのです。
・ホールダウン金物は図面の柱上下に正しく設置されているか
・耐力壁の合板釘はN50又はCN50を150mm以下の間隔で打っているか
・柱上下の引き抜き防止金物は図面通りの種類を設置しているか
・筋交いの太さは図面通りの材料が使われているか、亀裂は入ってないか
・筋交い上下金物は正しく設置されているか
・梁の接合金物は全て設置されているか
・地盤面から1m以下の木部にぼ防腐防蟻剤が塗られているか

全州中間2.jpg
最後に屋根の施工状況です。
屋根の材料は、クボタ コロニアル グラッサ・ボルドーレッド色です。
曇りの日には焦げ茶に見えますが、晴れた陽が当たる時間帯には明るい赤に見えます。

「赤い三角屋根の家」のネーミング由来ですね。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月13日 17時01分32秒
Posted by: moriken
卒園式.jpg

次男の卒園式が終わりました。
卒園式といっても保育園だから月曜からはまた保育園に行くことになります。
本当の卒園は3月31日。

4月からはピッカピカの1年生になる次男。式の最中は終始笑顔で、
歌を歌い将来の夢を語り、在園児へ送る言葉を贈ったりしていました。

式を見守る保護者たちは涙涙
職員からの歌「みんな大きくなったら」を聞いたとたんに、次男が生まれてから
の事を思い出し私も泣いてしまいました。

父から息子への贈る言葉
息子よ、4月から小学生です。勉強・遊び・スポーツ、興味あることなんでも
挑戦して、屈託のない笑顔を絶やさず素直に成長してください。

null

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月12日 10時49分37秒
Posted by: moriken
3月15日期限の確定申告書を提出してきました。

例年は最終日に提出していましたが、今年は少々早めに提出。

提出者の待ちがほとんどなく、短時間で提出できました。

明日は次男の卒園式、明後日は新事務所完成にともなう自宅部分の模様替えと仕事以外で何かと忙しい毎日です。次男もいよいよ4月から新一年生。希望に胸を膨らませております。


一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月11日 18時22分00秒
Posted by: moriken
null
赤い三角屋根の家が上棟しました。大きな切り妻屋根に包まれたおおらかな空間です。
全州上棟内部.jpg

上棟後に行う監理項目も結構あり、上棟の感動に浸ってばかりはいられません。

・柱梁の樹種確認。杉、檜、KD材、自然乾燥材、集成材など。
・柱サイズの確認。性能表示を使う場合は本当にシビアに測定が必要です。
・全ての梁サイズの確認
・高さ梁間間寸法の確認
・屋根上までの建物高さ確認
・土台の樹種確認。防腐注入土台、ヒバ材、檜材等。
・外壁や野地合板の等級及びF☆☆☆☆(シックハウス)確認

上棟時の確認事項は上記のような点になります。
その数日後、構造金物が設置された後にホールダウン金物や柱引き抜き防止金物、
梁の仕口平プレートなどの確認が必要となります。


一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月10日 19時58分19秒
Posted by: moriken
null
住宅産業界では2010年は100年に一度の買い時と言われています。
このブログでも住宅エコポイントや長期優良住宅に対する優遇ポイントを解説してきましたが、2010年の各種優遇と補助金制度を総括しておきます。

◆2010年は消費者にとってメリットの高い政策が用意されています。
◇過去最大の住宅ローン控除600万の最終年
  →住宅ローンを組む方はだれでも使える
◇木のいえ促進事業による補助金100万円(国産材は120万)
  →長期優良住宅を建設し、申請により予算の枠内で補助対象となるか決まる
◇住宅エコポイント制度スタート、最大30万円ポイント
  →温熱等級4の取得が必要で追加投資金額が大きい
◇長期優良住宅普及促進税制(各種減税)の延長
  →長期優良住宅を建設するば優遇措置を受けられる
◇フラット35Sで金利1%軽減
  →耐震等級2または3の取得など条件はあるがハードルが低い
◇住宅取得時相続税非課税枠 500万→1500万へUP
  →相続対策にもなるので両親が金銭的余裕があるならば使いたい
◇太陽光発電・エコキュート・エコジョーズなど設備機器設置への補助金制度
  →設置する設備があれば申請して補助してもらったほうがよい
◇長期優良住宅先導的モデル事業 1棟200万円の補助
  →主にハウスメーカーや大手ビルダーが採択を受けているモデル住宅に
   共感するならば検討したい。モデル住宅にするために200万円以上の追加
   投資が必要なモデルも多いので慎重な検討が必要。

◆消費者にとって金銭的なメリットの大きいものはどれか?
上記のように各種優遇や補助金などが乱立しており、消費者にとって最もメリットの大きい政策が何か分からない方がほとんどでしょう。住宅エコポイントを積極的にアピールするハウスメーカーに騙されてはいけません。

消費者にとって最もメリットが大きいのは・・・・・
長期優良住宅を建設して、木のいえ促進事業による100万の補助金を受けることだと思います。

消費者にとってメリットが大きいと考えるポイントは以下の通りです。
◇木のいえ促進事業による100万円(国産材120万)
 →申請受付開始は2010年5月の予定
◇税制上のメリット
 →住宅取得時及び固定資産税優遇の総計で25万程度お得
◇所得税のローン控除
 →当初10年 1.0%控除→1.2%控除へUP
   3000万円の融資を受けた場合でで50万円程度お得
◇フラット32s 20年金利引き下げタイプ
 →当初10年の利率1・82%、11年~20年2.52%
   3000万円の融資を受けた場合で380万円程度お得
   現状の民間銀行金利と差はありませんが、35年金利固定という
   安心感があります
◇長期優良住宅にするための追加投資金額が低い
 →申請手数料20万円を含めて50万円程度の追加投資で可能と想定しています。
◇自由設計
 →長期優良先導的モデルのような制約が無く、木造住宅であればプランや構造などが自由


一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月10日 08時20分59秒
Posted by: moriken
住宅版エコポイントが話題になっていますが、実はエコポイントの陰に隠れた超お得な補助金があります。

◆木のいえ整備促進事業◆
優良な住宅ストックを増進させる目的の政策で、住宅エコポイントほどマスコミに取り上げられていませんが昨年から始まった木造新築住宅への補助金事業です。今年度は総予算50億円の枠内で1棟100万円(国産材使用で+20万円)の補助金をもらえるのです。

この事業、要は長期優良住宅のことで、中小工事会社のみが利用対象でハウスメーカーや大手ハウスビルダーは利用できません。また住宅エコポイントとの併用利用もできませんが、30万ポイントの住宅エコポイントと比べて絶対にお勧めです。

「中小工事会社建設の木造長期優良住宅に1棟100万(国産材+20万)の補助金」
もちろん森建築設計で設計可能ですので、お気軽にお問い合わせください。


一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月09日 06時20分48秒
Posted by: moriken
自宅の目の前に僕の大好きな場所があります。

null

ブランコが1台設置され僕はブランコ公園とよんでいますが、川崎等々力公園内にあります。
目の前に釣り堀池、池の奥には川崎フロンターレのホームスタジアムが見える場所です。

十数本の木が林立し、別荘地の雑木林にいるような錯覚を感じる場所です。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月07日 22時00分22秒
Posted by: moriken
昨日は友人の結婚式に出席してきました。久しぶりの結婚式でしたが笑いあり涙あり感動ありのとても良い結婚式でした。

さて今日も光熱費関係の情報です。
我が家の2009年の電気料金を発表いたします。

我が家は築5年のオール電化住宅、次世代省エネ基準レベルの断熱材を施設しています。延べ床面積は21坪、2009年中は4人家族。夏はヒートポンプエアコン、冬は蓄熱式床暖房を使っています。
一般的な30坪~35坪程度の4人家族住宅では我が家の1.2倍程度の電気料金になると予想できます。

1月  : 24238円
2月  : 21678円
3月  : 20162円
4月  : 14361円
5月  : 10309円
6月  :  8711円
7月  :  9407円
8月  :  7808円
9月  :  8743円
10月 :  9234円
11月 : 13842円
12月 : 16049円
年間計:158542円(1カ月平均 13212円)

ガスも灯油も一切使用せず、光熱費は電気料金だけなので、オール電化は意外とお得だという事が分かると思います。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月07日 05時40分16秒
Posted by: moriken
住宅の給湯に使う熱源は何が良いか?という質問をもらい比較検討したので、
せっかくだからブログにUPしておきます。参考にしてください。

家庭で使う全エネルギーのうち給湯分は全体の1/3を占めます。つまりご家庭で使っている電気とガス代の1/3はお風呂や台所で使う給湯費だということです。

次に標準的な4人家族を想定して、都市ガス・プロパンガス・電気・太陽光の4種類の熱源比較をします。あくまでも標準的な家庭を想定したので、省エネに積極的な家庭では下で示した半分ほどの給湯費で済んでいるかもしれません。実際には現在お住まいの年間光熱費(ガス・電気)を合計した1/3程度が給湯費用です。

1 前提条件:都市ガス170円/m3、プロパンガス300円/m3、年間給湯ガス量600m3、都市ガスと電気が熱源の場合は年間給湯費は10万円程度、プロパンガスが熱源の場合は年間給湯費は18万円程度です。
2 ガス一般給湯機(都市ガス)    :イニシャルコスト20万円程度
3 ガス潜熱回収給湯機(都市ガス) :一般給湯機よりも13%省エネ。給湯機価格は実売で5万ほど高くなるだけなので断然潜熱回収給湯機(エコジョーズ)の方が有利です。
4 ガス一般給湯機(プロパンガス)  :ランニングコストが高いので論外
5 ガス潜熱回収給湯機(プロパンガス):ランニングコストが高いので論外
6 電気一般貯湯機           :イニシャルコスト25万円程度
7 電気ヒートポンプ電気一般貯湯機 :イニシャルコスト40万円程度、電気一般貯湯気より30%省エネ。イニシャルコストの差額分を回収するのに5年なのでヒ―ポンの方が有利。ただしヒ―ポンは10年程で室外機の交換が必要なので交換費用まで計算すると一般貯湯機とのコストメリットは無い。±0ならCO2削減効果のあるヒ―ポンをお勧め。
8 太陽熱温水器:年間給湯料金 3万円削減。別途給湯機の設置も必要なのでメリットなし。
9 太陽熱給湯システム:年間給湯料金 3万円削減できます。イニシャルコストが50万円以下ならば検討してもよい

注意:ヒートポンプ給湯は給湯設定を省エネモードに設定しないと省エネ効果がまったくないことが分かっています。工場出荷時のお任せモードから省エネモードに切り替えが必要です。

以上検討の結果、都市ガス未供給地域(プロパン地域)ではオール電化が断然お得です。
都市ガス供給地域でもオール電化の方が年間光熱費が3万~5万円近く安いことが多いのでオール電化の方がお得ですが、建設時のイニシャルコストはオール電化の方が30万ほど高いです。
都市ガスとオール電化の選択はコストよりも調理クッカ―(コンロ)がガスがよいかIHヒーターがよいかという好みで選ぶべきです。

もう一つの検討材料として大地震時のライフライン復旧時間もあるでしょう。
復旧までの時間は電気で1週間、プロパンも1週間、都市ガスと水道は1カ月~3カ月かかるそうです。
(建物倒壊地域は除く)


一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月05日 21時19分51秒
Posted by: moriken
今日は日建学院 武蔵小杉校で開催された、長期優良住宅・住宅エコポイント制度のセミナーに参加してきました。

セミナー内容は既に知っている内容がほとんどでしたが、両制度とも建て主にとって様々な優遇措置がありるので簡単にご紹介します。

1 長期優良住宅で得するポイント
  ・住宅ローン減税の拡充→一般住宅よりも100万円拡充して最大控除額600万円へ、控除率も0.2%上乗せ。
  ・住宅ローン減税制度を活用しない場合の所得税控除制度あり
  ・登録免許税を一般住宅よりも引き下げ
  ・不動産取得税を一般住宅より100万円増額
  ・固定資産税の減額措置期間を一般住宅より延長
  ・フラット35の金利引き下げ、当初10年1.0%引き下げ→これが金額的に大きい(募集金額に達すると終了)

  注意:長期優良住宅制度を活用するには確認申請の他に別途申請が必要で、申請手数料が15万~20万円ほど発生します。

2 住宅エコポイント
  ・新築及びリフォームの省エネ対策工事に対し最高30万円分のエコポイント発行。
   家電エコポイントとの違いはポイントを他の商品に交換するだけでなく、工事費から引いてもらうことも可能です。

両制度とも、限られたハウスメーカーや工務店だけの制度ではありません。基準を満たす住宅を建設すれば、設計事務所設計の住宅でも優遇措置を受けられますので、この機会に是非ご連絡ください。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月04日 20時40分17秒
Posted by: moriken

今日は事務所引越しと確定申告の準備を半日ずつ行いました。

毎年のことですが、3月15日期限の確定申告が終わらないとなんか居心地が悪いような心境です。

昨今のインターネットの普及は便利になったもので、会計処理の疑問点も税理士の方の意見を聞くことができるのでありがたいですね。

さて、昨日の「京都府福知山の家」最終プラン打合せはキッチンのレイアウト以外は決定しました。キッチンのレイアウトも2案提示した中から家に持ち帰って検討いただき決定してもらうこととなり、まずはひと段落。プランが決定したら、確認申請をしてくれることになっている京都の設計事務所へ渡す基本図の作成に入る予定です。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月03日 14時56分37秒
Posted by: moriken
京都府福知山の家はプランの最終段階となり、今日は建て主との打合せです。

このお施主さんは家相を重視する方で、各部屋の配置や建物全体の凹凸などは家相・風水によりほとんど決まっています。鬼門と裏鬼門程度ならいいのですが、家相で全ての配置凹凸を決めるというのは設計士としては結構歯がゆい気持ちもあります。

とはいえ、家相を重視する方にとっては家族の健康や運勢に関わることですので、家相を守りながらの最高の最終プランを完成させました。

設計士というのはホームドクター的な性格もあり、住む人の気持ちを健康にするという事も重要です。私も若い頃はこの事に気づかず自我を主張していたのですが、年を経るにつれ「建て主にとって最高に快適な家づくり」を目指すようになりました。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
10年03月01日 18時17分16秒
Posted by: moriken
null
昨日は子供たちにせがまれてガンバライド(仮面ライダーの戦闘ゲーム)へ行ってきた。
後ろで見ていても何が面白いのか分からないが、カードをスキャンさせながら仮面ライダー同士が戦闘を繰り返すゲームである。

うちの子は二人で60枚ほどのカードを所有しているが、ゲームセンターで合った次男の友達は一人で105枚のカードを持っているそうだ。カードは本を購入するなどしてもゲットできるが、基本的には1回100円のゲームをする度に1枚のカードが出てくるようになっている。カードを100枚所有しているということは、ゲーム100回で10000円もの大金を使っているのかもしれない。

このようなカードゲームはガンバライドだけでなく、4~5種類で合計20台近いゲーム機に子供たちが集まり、それぞれの子が束になったカードを持ちながらゲームを楽しんでいた。ゲームを楽しむ程度ならいいが、のめり込んではいけない。機械やソフトメーカーの商売戦略とはいえ、親が子供をしっかり見守り育てていく必要があるとつくづく感じてしまった。

一級建築士事務所 森建築設計:http://www2.odn.ne.jp/m-ken/

1日1回、これをクリックだけして頂くだけで、励みになります。(^^)
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ人気ブログランキングへ
«Prev1Next»