2011年 2月の記事一覧

«Prev1Next»
11年02月28日 06時17分34秒
Posted by: moriken
20110217ファイル.jpg
私の断捨離 進行中です。
15年分の日経アーキテクチャー360冊の必要なページの仕分けが
ようやく完了し、項目分けを始めました。仕分けの結果、必要なページ
は1/20、19/20を処分しました。

例えば、半屋外空間のある住宅といっても様々な方法で半屋外空間
を作っています。私は半屋外空間の設計手法を下の13種類に分類しました。

・壁で囲われた屋外
・中庭
・扉による制御
・植栽の活用
・2棟に挟まれたコート
・土間の活用
・全開放建具で屋外と一体化
・深い庇の下のテラス
・挿入された屋外空間
・透明、半透明の屋根で内外制御
・ランダム配置による内外制御
・ボックスの透き間で外部的空間を生む
・空中庭園

15年分の資料を分類すると、それぞれの具体的な実例を確認
できると共に、時代による変遷やトレンドなども読み取ることが
できます。

次は賃貸住宅、長屋の分類研究をする予定です。

断捨離ブログの目次
1 断捨離してます
2 断捨離 継続中
3 断捨離 進行中

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

陽だまりと木陰で暮らす、地球と住民に優しい家づくり【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
11年02月26日 08時33分40秒
Posted by: moriken
null
20110226今村邸1.jpg
昨日、千葉外房の家の基本設計第3回打合せを行いました。
室内外パースでデザイン趣旨を説明し、仕上げ材サンプルで
仕上げ材の好みを確認しました。

写真はリビングとダイニング部分の室内パースです。リビング
正面の窓からは遠くの山並みや海を見通すことができ、右側
窓は2間(幅3.5m)のフルオープン窓で豊かな陽と通風を
得ることができます。

フルオープン窓の外側は幅1.8mのウッドデッキが繋がり、
窓を開け放てばリビング・ダイニングと一体的に利用できる気
持ち良い空間となることでしょう。

天井は屋根形状をそのまま表した勾配天井となっていて、家
に抱かれる落ち着きを感じることができます。照明は天井を
照らす間接照明を主照明とし、必要な場所に天吊型や壁付け
型、さらにフロア照明を配置する予定です。

今回の打合せで、イメージしている設備機器のご説明も始め
たので、次回の打合せではキッチンと設備機器メーカーの
ショールームで実際の機器を見ながら選定していく予定です。

千葉外房の家ブログ 目次
1 初打合せ  :http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_10.html
2 敷地調査  :http://morikentiku.at.webry.info/201011/article_13.html
3 ファーストプラン:http://morikentiku.at.webry.info/201012/article_14.html
4 契 約    :http://morikentiku.at.webry.info/201101/article_6.html
5 プラン再検討:http://morikentiku.at.webry.info/201102/article_3.html
6 プラン決定  :http://morikentiku.at.webry.info/201102/article_9.html
7 室内デザイン:http://morikentiku.at.webry.info/201102/article_26.html

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説


陽だまりと木陰で暮らす、地球と住民に優しい家づくり【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp
11年02月15日 16時31分06秒
Posted by: moriken
null
今日は私の誕生日です。いつの間にか44歳になってしまいました。
子供が大きくなるのですから自分も年をとるのも当然です。でも44歳
という中年になった実感が湧きません。

さて、今日は「スキップフロアと連続窓で明るく楽しい家」のその後の
展開をお話します。そうそう、プランに半屋外空間を組み込むことに
したので「スキップフロアと半屋外空間で明るく楽しい家」に変更します。

ファーストプラン作成がキャンセルとなり、このブログでとても良い案
だったのに残念とお伝えした住宅に新展開です。藤沢の業者と組んで
企画住宅として実現させようという話になってきました。

■企画住宅名称
湘南GARDEN HOUSE style
■企画住宅概要
スキップフロアと連続窓の楽しさは活かし、自分のライフワークである
半屋外空間を取り入れることで、家の中に半屋外のガーデンがある
新しい暮らし方を提案します。
■3タイプのガーデンハウス
提案する住宅は、半屋外のガーデンの在り方(位置)により3タイプか
ら選択することができます。
①入口にガーデンがある「ENTRANCE GARDEN type」
②家の中心的な位置にある「CORE GARDEN type」
③屋上にガーデンがある「ROOF GARDEN type」の3タイプです。
■内部構成
内部はスキップフロアにより4つのフロアに分割されていて、家族構成
の変化や季節による暮らし換えができ、フレキシブル(自由)な空間と
なっています。

場所(室)に束縛されることのない自由な生活を楽しむことのできます。
プランを見ているだけで私自身とても楽しくなってきます。
さらに詳細が決定したらまたブログでお知らせしますね。

「スキップフロアと半屋外空間で明るく楽しい家」のブログ目次
1 ファーストプラン依頼
2 ファーストプラン中止
3 企画住宅への新展開

ブログ目次
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説

陽だまりと木陰で暮らす、地球と住民に優しい家づくり【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp

«Prev1Next»