2012年 3月の記事一覧

«Prev1Next»
12年03月25日 05時43分39秒
Posted by: moriken
20120325レイヤーハウス.jpg
今日は朝3時から本日の打合せ資料作りをしています。現在5時半、ばっちり目が覚めてきました。

そして昨日は昨年10月にファーストプランを提出していた川崎市の賃貸併用住宅の設計監理契約を結びました。事情があり計画がストップしておりましたが、正式契約で本格的に基本設計を開始します。写真はファーストプランで提出した賃貸住宅部分の内観パースです。

3階のオーナー宅が二世帯住宅へと計画変更となったこともあり、ファーストプランとはまったく違うプランになるものと思います。竣工予定は来年8月予定という約1年半の大きなプロジェクトです。設計契約を終え、人生をかけてくれた建て主の期待以上の提案で応えていきたいと決意いたしました。

特に賃貸住宅部分の計画概要はこのブログで積極的にお伝えしていきますので、お楽しみに!!

住環境性能+Design住宅 森建築設計
12年03月12日 06時16分36秒
Posted by: moriken
20120312レイヤーハウス.jpg
昨日、川崎市の賃貸併用住宅計画の正式依頼依頼をいただきました。写真はファーストプランで作成した断面パースです。ファーストプラン打合せを行ったのは昨年の10月9日、諸事情により計画がストップしておりましたが、建て主様の大きなご決断により正式依頼ということとなりました。

計画はオーナー宅を2世帯住宅に変更して検討することとなりました。延べ床面積約300m2(90坪)、オーナー宅120m2程度、賃貸部分180m2程度の計画でプランを作成していくこととなります。

次回は契約書の捺印と要望事項の聞き取り打合せの予定です。
人生をかけていただいた建て主様の思いを受け、全力を注いでいくことを東北の空に向けて誓いました。

初回打合せからファーストプラン打合せまでのブログはウエブリブログ(森建築設計)をご覧ください。

住環境性能+Design住宅 森建築設計
12年03月08日 06時30分59秒
Posted by: moriken
20120308世田谷区役所.jpg
昨日は朝から夜まで打合せと勉強会で外出していました。まだ確定申告まとめられない。。。

写真は世田谷区役所です。世田谷区木造アパート・リファイン計画の打合せ前に事前相談で立ち寄ったときに撮影しました。堂々としたコンクリート打ち放し建築物です。昔のコンクリート打ち放しは塗装型枠ではなく小幅板を型枠としているので味わいがあります。設計は前川國男

木造アパート・リファイン計画の打合せでは、法規や世田谷区事前相談の結果から実現可能な工事方法を建て主様にご説明しました。①柱と梁を残して仕上げ撤去、構造補強して仕上げを施す、②木造アパート単独での建て替え、③木造アパートと母屋を1棟として建てかえる。それぞれの収支計算もお付けして報告書を提出してきました。

銀行融資が決まり次第、設計スタートとなります。

打合せ後は建て主様のご厚意で昼食に鰻をいただきました。車で10分ほど走り、どこまで連れて行かれるのかと思ったら、世田谷区中町にある「神田きくかわ 上野毛店」という鰻屋さんでした。中庭から錦鯉が泳ぎ、建物は純和風建築という鰻屋さんでした。

午後に参加した照明計画などのパナソニック勉強会の情報はまた別の日にお伝えいたします。

住環境性能+Design住宅 森建築設計
12年03月01日 08時31分55秒
Posted by: moriken
20120301高齢者賃貸.jpg
今日は賃貸住宅情報をひとつ紹介します。
賃貸住宅の供給過剰による空室率上昇と高齢者世帯数の増加という問題を受け、政府は今年度から民間賃貸住宅の空き室の高齢化仕様への改修を支援することとした。高齢者世帯の入居を受け入れることなどを条件に、手摺りやバリアフリー化、耐震化といった改修工事費の1/3を補助することとした。

総務省の調査によると、公営と民間を合わせた全国の賃貸住宅は2200万戸(2008年時点)、このうち空室数は410万戸と10年間で100万戸近く増えたそうだ。空室率は実に18%という高い数字だ。

人口と世帯数が減少していくなか、すでに空室が18%ある状況でどのように賃貸経営していくのかを熟慮していく必要があると思う。注目すべきは世帯数は減少していくが単身者世帯数が増加傾向にあることだ。これは夫婦や単身の世帯が増加することからくる。今日お伝えした補助制度は高齢者世帯が増加するにもかかわらず高齢者が住みやすい賃貸住宅が少ないという問題を是正していくことが目的と考えられる。

賃貸住宅は他のと差別化で長期的な競争力を持たせる戦略が必要だ。現在、私が東京世田谷で計画中の賃貸住宅はシェアハウスで計画中だ。単なるシェアハウスではなく、日本でも発ではないかと考えられるシェアハウスではないかと思う。

敷地の複雑な問題があり行政との協議中で実現できるか不透明だが実現すれば超人気のシェアハウスになるだろう。

住環境性能+Design住宅 森建築設計
«Prev1Next»