2010年 1月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
10年01月24日 16時51分59秒
Posted by: minami
最新ニュースレター 
              販売店各位他           平成22年1月 
★今 太陽エネルギー+バイオ活用しないのはもったいない!
 <快適水まわり環境のさらなる提供にむけて>
                  ECO快適環境提供メーカー  ㈱ のぞみ
                  普及パートナー       南 設計 

快適空間、不快空間のとらえ方は人により、場所により様々。でも誰にとっても不快な問題が2つ 
臭い、汚れがあります。ここは取り除く、あるいは低減させなければ真の快適環境は、望めません。たとえばおトイレ、浴槽、洗面所、お店であれば厨房のグリーストラップ周辺、浄化槽周辺等々が、該当するでしょう。

当社は、その2点に着目しその原因の
★本質から捉えなおしたオンリーワン商品の提供です。
★すでに様々な用途、分野で実績を上げております。
消臭管とは、強化プラスチック管に酸化金属を焼結したチップをつめて、太陽光下(紫外線下)で本器に水を通すことにより、その水を機能化させ、消臭効果、防汚効果のある水に変える装置です。消臭管を通った水をグリストラップなどの悪臭が発生するところに流すだけで、悪臭を大幅に低減させます。

消臭管の効果

①:施設全体の臭い低減・・・・・・・・・・・・・・・・・・機能水効果 

私達が日常不快に感じる悪臭や異臭は、酸化された有機物を腐敗菌が分解してできた臭いです。
腐敗菌が生息活動する為には、水が必要です。
施設内で使用する水が消臭管の我水になったら、どうなるでしょうか。

腐敗菌が繁殖しずらい→悪臭の元になる有機酸が発生しにくい。よって、「悪臭がしない」という事になります。



②:.トイレ・浴槽・洗面所、グリーストラップ等の防汚効果・・・・光触媒の作用による効果
  水の基本的な特性として、全ての物質(汚れ物質)を溶かし込む性質があります。
水に溶け込んだ物質は、数ミクロン(1ミクロンは1mmの1000分の1)程度の微粒子、
をコロイド状粒子といいます。コロイド状粒子は水中を漂っており、これが水の濁りや汚れとして我々の目に認識されるのです。コロイド状コロイド状粒子は水中を漂っており、これがみずの濁りや汚れとして我々の目に認識されるのです。
コロイド状粒子はトイレ・洗面台・浴槽などの水回りの器具に付着して、これを汚していきます。

 コロイド状粒子は、その外側が非常に微弱な電位の膜で覆われています。
その電位の膜により独立して水の中に漂っているのですが消臭管の水は電子が漂っているのでこの電子によりコロイド状粒子の外側の微弱な電位の膜が、低下したりゼロなります。
その為にコロイド状粒子は、単独で水中に浮遊している事ができずに、他のコロイド状粒
とくっついて、より大きなかたまりとなりその重さのために最期は沈み込んでしまいます。
洗面器などの表面に付着している汚れなども、電位の変化の為に固まりになり落ちていきます。
成果
■衛生リスクの軽減(保健衛生上)
■不快感の解消
■繁盛店の基礎的要件に貢献
■清掃処理コストの軽減、労働環境改善
■諸設備投資より費用対効果大!が実現



           詳細は、「消臭管」でアクセスして見てください。
10年01月24日 14時44分45秒
Posted by: minami
10年01月21日 20時03分20秒
Posted by: minami
私達の建築設計業界においても環境配慮、省エネ配慮は、当然のこととなりました。
そんな中で先般養豚場の設計にあたり特に「におい対策」、「防汚」の観点では、
地元鹿児島のメーカーが開発したその名もずばり「消臭管」が採用された。

これは目からうろこです。従来、排水の臭いは、排水付近で対応しますが、これは
給水段階から関与させ設備機器等の防汚効果まで発揮する画期的なオンリー1設備です。

コストパホーマンスも高くまだまだいろんな分野でも汎用性があると思います。

国内の実績はもちろんアメリカ、中国、台湾、フィンランド等多数です。
むしろ外国の評価、ひきあい、実績が多いというこです。もともっと国内のエンドユーザー為にも普及されたら喜ばれるものだと考えます。
開発者によると今後は国内販売代理店を募集していくとのことですので興味のある方は、

 「消臭管」でアクセスしてみてください。










«Prev || 1 || Next»