2014年 1月の記事一覧

«Prev || 1 || Next»
14年01月29日 23時59分44秒
Posted by: macchan
20140129-防振吊り木0.jpg
2×4工法の上下階音の遮音には、気を使います。
単家族の場合でも、広間と寝室との関係や
横引きの排水音などなど。
20140129-防振吊り木1.jpg
ここでは、これまでの経験を活かして、
防振吊り子による振動回避と上階構造用合板上への強化石膏ボード敷き、
さらに、セルロースファイバーによる吹き込み断熱施工。
20140129-SF1.jpg

いつもお世話になっているマツナガの責任施工。
http://www.ms-matsunaga.jp/insulation/index2_2a.html
20140129-SF2.jpg
この施工は、セルロースファイバーの面密度の高さが、
遮音に有効なことを、以前の遮音改修で確認済。

施工までに、電気、排水、配管などの
すべての施工を完了し、
天井前面に、シートを張ってから吹き込みます。
なかなか大変な作業ですが、
これで、一気に断熱・遮音施工ができあがりました。
20140129-SF3.jpg

各吹き込み穴を塞いでいる白い素材は、
エンデバーハウスのパーフェクトバリアー。
こちらも、100%ポリエステルで作られた
身体に優しい、素手で触っても大丈夫な断熱材です。
http://www.endeavorhouse.co.jp/pbtop.html
20140129-SF4.jpg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
14年01月22日 19時32分30秒
Posted by: macchan
20140122-アトリエ入口1.jpg
アトリエの防犯対策は、外部通報のセキュリティ装置。
しかしながら、米松框引き戸の出入り口や窓は、
フロートガラス厚5mmという
何とも心許ない仕様・苦笑。

静岡でも、チョイチョイ発生する空き巣対策や
地震時の飛散防止対策を兼ねて、
住友3MのスーパーレイヤーULTRA600フィルム
を実験的に導入しました。

このフィルムは、数μm厚の薄膜ポリエステルフィルムを
40層も積層する『薄膜積層』構造により、
従来比で40倍の引き裂き強度と強靱な貫通性能を
実現した透明フィルムで、
その中で最厚181μm厚の超飛散防止タイプ。
さらにUVカット、傷のつきにくいARコートも。
20140122-アトリエ入口2.jpg

どのくらいの強度があるかというと、
JIS R3205 1040gの鋼球を8.7m以上から
落球させても、未貫通。
あるいは、ショットバック試験、
周辺支持したガラスの中心に、45kgの重りを
振り子式に120cmから振り下ろして
ガラス面に衝撃を与えても、
裏面への突き抜けやガラスの50%以上が飛散しない。
http://www.mmm.co.jp/cmd/scotchtint/professional/about/feature/superlayer/

ということで、ガンガンに叩いても、大丈夫・・・、
といっても、試す勇気はありませんが・苦笑。

転ばぬ先の杖、住まいの大切なデータや書類を
守るのも、大切なことですね。
果たして、その結末は。。。
いや、結末はいらない...
20140122-アトリエ窓1.jpg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
14年01月18日 11時43分03秒
Posted by: macchan
20140118-天然乾燥パン1.jpg
ごく普通のタッパーに、そのまま入れた食パン、
人工乾燥の天竜杉材と食パン、
天然乾燥の天竜杉材と食パン。

特に、コメントしませんが、
昔ながらの自然な乾燥が一番ということ。
さらに、人工的な力を加えないと、
そこには自然の摂理が、あるということです。
20140118-プランター.jpg

それを裏付ける科学的な根拠も、あるのですが・・・驚きです。
http://www.ts-dry.com/hagarashi.html
20140118-新月デンプン.jpg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
14年01月16日 19時24分38秒
Posted by: macchan
20140116-隠し框図面1.jpg
木製建具の気密処理は、非常の難しい。
いろいろな建築家が、ディテールを考え、実践しています。

ガラス部はペアガラス化するとして、問題は隙間。
ここをピンチブロックやモヘアなどのパッキンで、
擦り合わせていきますが、
それと合わせて、建具と枠との関係性も重要。

そこで有効な手段となるのが、隠し框。
内側から開口部を見ると、
ガラス面しか見えない納まりのこと。
つまり、建具の框は、
一回り大きく外側にあるという納まり。

これだと、建具の框(障子枠)が、
上下、左右とすべて枠側に向き合うので、
隙間風対策には、かなり有効となります。

ただ、気をつけなければならないのは、
その場合のクレセントと引き手。
20140116-松永邸広間1 のコピー.jpg

通常あるべき建具の框が隠れているので、
ガラス面の小口を活用する納まりとなります。

自邸時代にはあった金物や引き手が、
次々と廃番になり、
泣く泣く、框を見せる納まりにしていましたが、
亡くなられた先代からのお付き合いのある
建築金物ベスト社。
http://www3.best-x.co.jp/besthp/index.html

いろいろ相談しているうちに、
『macchanさん、じゃ、造りましょう。』
・・・・・、さすがにエッと思いましたが、
いや、今動いている物件では、
7〜8個が、せいぜいですよというと、
まぁ、50個作って、ぼちぼち。。。

い、いや、何軒やらなければならないのか・笑
ということで、
自邸の引き手を提供して、型をおこし、
最初に必要な3月中旬には間に合うことに。

感謝、感謝であります。
この引き手が、入用な方は、ベスト社へご依頼ください。
ちなみに、その横に見える引き寄せ締まりは、
建築家・吉村順三氏の金物をベストが製品化してものです。
20140116-隠し框引手1.jpg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
14年01月15日 00時28分13秒
Posted by: macchan
20140115-T広間吹抜.jpg
年末になんとか上棟しました池田山物語。
国吉田物語に続く、静岡県産杉材+Jパネルによる
落とし壁工法の住まいです。

プレカット工場と施工者も、同じメンバーですので、
そのノウハウを忘れないうちに、再登場。

手の込んだ電気工事も、同じメンバーで苦笑。
現場も近く、こういうことはなかなかありませんが、
設計ー施工と良い連携がとれています。

今回は、2階に広間・厨房・畳の間から
外部空中デッキ、そして遠望の山並みへと続く、
空間の流れと大屋根にあけられた空窓とシンボルツリー。

魅力的な内部と外部の繋がりを、
現しの杉の構造体が、優しく包み込みます。
20140115-Tデッキ屋根.jpg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
14年01月12日 18時40分28秒
Posted by: macchan
20140112-既存下屋.jpg
豊田物語は、お父様の思い出を継承する住まい。
玄関扉、下足入れ、床の間、障子、欄間など、
新しい住まいに再生して、継承します。

その中で、一番大きなものは、玄関下屋。
銅板葺きの屋根は、
・杉丸太/柱・梁 140Φ×2本
 L=2500/3300
・杉化粧垂木/40×70@455×10本
・杉木舞/24×24@160×11本
・杉広木舞/21×100×3500
・杉化粧野地/12×90
から構成されており、解体時に大工さんにより撤去。

洗いを掛けて、使用できる材料を吟味し、
杉木舞と杉化粧野地は、小さい釘が多く、
再生を断念し、新しい材料に。

化粧垂木は、再生する屋根の位置が逆となるため、
どうしても、留め付けの釘あとがでてしまうので、
ここに、絞り丸太を追加して隠しました。

杉丸太は、アンカーにより土間に緊結され、
格段に、頑丈な仕様に変身。

新しい材料と古い材料との色違いは、
外部用ステインを変えて、色合わせ。
全体として、違和感なく再生完了。

あとは、玄関扉と欄間が再生され、
ガルバリウムの外壁や墨入りモルタルが引き締めると、
さらに、イイ感じになりそうです。
20140112-下屋再生1.jpg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
14年01月08日 19時23分13秒
Posted by: macchan
小上がり的な感覚の畳の間では、
大体30~40cm程度上げることが多いですが、
その結果として、天井高さが2.1m程度となり、
落ち着いた、籠もり感のある空間となります。

これが、心地よさを産み出します。
しかし、そこは住まい。
雑多のモノ、来客用の毛布など、
収納スペースとしての活用も求められます。

一番使いやすいのは、引き出すタイプの収納ですが、
畳の間の配置によっては、その部分も限られます。

そこで、引き出し収納と畳を上げる収納を併用し、
普段使いと必要時に、分けて活用します。

まずは、テーブルと併用するL型構成。
窓側を畳敷き収納として、
テーブル側を引き出し収納として活用。
20140108-T畳下収納.jpg
20140108-T畳下スライド収納.jpg

次は、部屋形式の畳の間。
入り口側の1箇所しか引き出せないために、
奧に三連連結引き出しをズルズルと。
残りの6マス分は、畳を上げて収納。
20140108-A畳下収納.jpg
20140108-A三連引出収納.jpg

この畳を上げる収納では、仕切り板に
60Φ程度の穴を2箇所ずつ開けて、
内部の空気が流れるようにして、
湿気の停滞を防ぐようにしておきます。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
14年01月04日 16時10分06秒
Posted by: macchan
今年もアトリエから心地よい住環境を
創造していきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
20140104-2014年賀1.jpg

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
«Prev || 1 || Next»