文化協会の研修で、長崎県波佐見町であった「九州人形芝居フェスティバル」の観劇と、佐賀県有田町にある有田ポーセリンパークで焼き物の見物などをしてきました。

 人形浄瑠璃というのをはじめて見たのですが、何というのか浄瑠璃調の語りと生の三味線のバッキングによってそこそこ迫力もあり、一つの人形を一人で操るもの、三人で操るものなど、いろんな形があって、勉強になりました。
 感覚としては、舞台制作から音響など、生の人間が演じる「芝居」に近いものがあります。

 もうひとつの有田ポーセリンパークは遊びに寄ったようなものですが、ここは宗政酒造が運営する「酒と器、食」のテーマパークです。
実は僕ははじめて来たのですが、導入路脇のとっても広い第二、第三などのガランとした駐車場が何故か印象に残ってしまいました。
 もともとの三セクか何かでオープンしたての時に造った「ツヴィンガー宮殿」や、ハーフティンバースタイルの建物群など、園内は日本語の看板などが無ければほとんどヨーロッパです。

 何故か日本人はこういった「真似して造ったテーマパーク」が大好きで、長崎にも「オランダ村(閉鎖)」や「ハウステンボス」などがありますが、いずれもオープン時には入れないくらい盛況なのですが、4~5年もするとそのほとんどが、閑散となってくるようです。

 TVで、日本人の海外旅行のスタイルが成熟してきた、と言っていましたが、本物が問われる時代なのかもしれません。

まさき設計