今日は屋上に小さな「家庭菜園」を作った。

 今までは大きめのプランター二つと小さなプランター2,3個で、色々なものを植えていたのだが、少し本格的なものを作ろうと思い、材料をホームセンターに買付に行き、約半日で完成。

 先ず、塩ビ製の厚みのあるシート(板?)状のものを畳の大きさに敷き、その上に極小苗用のポットシートを排水用として逆さまにして敷き込む。更にその上に、ナイロン製の細かなネットを敷き詰めて、やっと土を入れていく。
 周りはコンクリートブロックを1段設置しているだけなので、排水用ポットシートの厚みを差し引くと、土の厚みはおよそ16~17cm程度である。ブロックはある程度重量があるので、この程度であればそのまま置くだけでも良い。ただし、コンクリートブロックは暫くはアルカリ性に働くので、石灰などを入れる時は注意が必要である。

 で、ブロック10個で縁取り、縦80cm×横140cmのミニ菜園が出来上がった。
早速、ネギ、サラダ菜、春菊、セロリ等の苗を植え込んでみた。

頭で描いていたように出来上がり、見栄えは格段に良くなったが、畑としての機能の善し悪しはしばらくしないと判らない。
ま、ネギなどは強いので、多少環境が悪くても育つには育つものだ。
 楽しみに様子を見ることにしよう・・・。

ただ、3階までブロック10個と土(約100L)を担ぎ上げるのはかなり辛かった・・・。

写真は
ちょっと気になるコーヒータイム
に載せてます。

まさき設計