などに自ら登録してはいない。

 ちなみに僕のところは日夜業務に追われ、休みも取れないような状態の中で、どうしても行かなければならない講習会だけは何とか時間を作って参加をしているのが実情である。

 普段でさえ、商工会議所の活動に地域の奉仕作業、育成会の活動に町興しの活動、文化協会やら様々な会の世話、果ては地域の歴史インストラクターなどをやらされている身である。
 ところがである。「基準法が改正されました。講習会に参加して下さい。」「CPD制度が出来ました。申請して下さい。」「専攻建築士制度が出来ました。早く登録しないと損ですよ。」「11月から建築士法が改正されます。」「確認業務が厳格化されました。手続きが複雑になりますがよろしくお願いします。」ときた。

ついていける訳がない。
いったい建築士会は何をやっているのだろう・・。

「設計」は、つまらなく複雑でとても面倒なものになってしまった・・・。
今は色々な行政手続きの改悪には興味も無いし、勝手にやってくれ、という気持ちである。

僕は心身共に疲れているし、もっと「建築」の本質について勉強する時間が欲しい。
木や石などと対峙しそれらともっと語りたいし、発想を自由に遊ばせたい。

まさき設計