日本の春と言えば何と言っても「桜、サクラ!」ですな。
桜と言えば「花見」と決まっているものです。
 花見も昼間っからやるのも良し、夜桜でやるも良し、ですが、やっぱり花見と言えば酒はつきもので、野点の「茶」でも、ドリップしたてのコーヒーでもいいのですが、やはりここは正調の「お酒」でいきましょう。

 で、しばらく飲むとどうしても欲しくなってくるのが「捩りはちまき用のネクタイ!」ではなく、「カラオケ!」でもなく、美しい「花」。
そう、満開の桜にも勝るとも劣らない、「女性陣」であります。
同じ酒も男だけでやるよりは、やはり「女性」がいるとどういう訳か一層美味しくなるのですね。

 もう、桜も時期を過ぎようとしております。

と思ったら、「八重は今からだな、待てよ、そろそろツツジも咲くな」、などと考えてしまう、懲りない今日この頃。

まさき設計