現代の格差社会の中にあって、勝ち組ではない人たちにとっては、日本の住宅の価格はあまりにも高すぎる!!と、思っているのです。
まぁ家族の年収の合計が1000万円を超えていれば、2000万円~3000万円という家の工事費も、何とか返済していくことが出来ると思うのですが、その他の多くの国民は200万円台から300万円台という年収にあえいでいます。
ワーキングプアという言葉が出てきたように、国民の大半は毎日一生懸命働いてもそれだけの収入にしかならないのです。

そんな中で自分たちの家を持つなどという発想は、出てくる方がおかしいのかもしれません。しかし夢ぐらい持ってもいいではありませんか。

低い年収の人でも、年収の二倍から三倍以内で戸建て住宅を考える!

と言い切ってしまうと、その住宅の価格は恐らく設計監理料も含んで

600万円程度から1000万円未満

ということになりますが、条件に合う一定の土地さえあるなら実現は可能だと思っています。
おおっ!ちょっと高い高級車ほどの値段!

間取りは低価格のほうから順に1LDKから3LDK程度でしょうか。
但しハウスメーカーなどとは異なり、自然素材を多く取り入れますが高気密高断熱にはそれほどこだわってはいません。九州ではそこまでの性能は必要ないという判断です。
また、設備機器についても選択出来る余地は少なくなります。
ただ今、企画開発中ですが2012年夏までには建設可能にしたいと思っています。

などと言ってしまったが、大丈夫だろうか・・・。
 まさき設計