2008年 10月の記事一覧

«Prev1Next»
08年10月16日 18時23分15秒
Posted by: fukumotom
 文化協会の研修で、長崎県波佐見町であった「九州人形芝居フェスティバル」の観劇と、佐賀県有田町にある有田ポーセリンパークで焼き物の見物などをしてきました。

 人形浄瑠璃というのをはじめて見たのですが、何というのか浄瑠璃調の語りと生の三味線のバッキングによってそこそこ迫力もあり、一つの人形を一人で操るもの、三人で操るものなど、いろんな形があって、勉強になりました。
 感覚としては、舞台制作から音響など、生の人間が演じる「芝居」に近いものがあります。

 もうひとつの有田ポーセリンパークは遊びに寄ったようなものですが、ここは宗政酒造が運営する「酒と器、食」のテーマパークです。
実は僕ははじめて来たのですが、導入路脇のとっても広い第二、第三などのガランとした駐車場が何故か印象に残ってしまいました。
 もともとの三セクか何かでオープンしたての時に造った「ツヴィンガー宮殿」や、ハーフティンバースタイルの建物群など、園内は日本語の看板などが無ければほとんどヨーロッパです。

 何故か日本人はこういった「真似して造ったテーマパーク」が大好きで、長崎にも「オランダ村(閉鎖)」や「ハウステンボス」などがありますが、いずれもオープン時には入れないくらい盛況なのですが、4~5年もするとそのほとんどが、閑散となってくるようです。

 TVで、日本人の海外旅行のスタイルが成熟してきた、と言っていましたが、本物が問われる時代なのかもしれません。

まさき設計
08年10月05日 00時12分08秒
Posted by: fukumotom
今日は屋上に小さな「家庭菜園」を作った。

 今までは大きめのプランター二つと小さなプランター2,3個で、色々なものを植えていたのだが、少し本格的なものを作ろうと思い、材料をホームセンターに買付に行き、約半日で完成。

 先ず、塩ビ製の厚みのあるシート(板?)状のものを畳の大きさに敷き、その上に極小苗用のポットシートを排水用として逆さまにして敷き込む。更にその上に、ナイロン製の細かなネットを敷き詰めて、やっと土を入れていく。
 周りはコンクリートブロックを1段設置しているだけなので、排水用ポットシートの厚みを差し引くと、土の厚みはおよそ16~17cm程度である。ブロックはある程度重量があるので、この程度であればそのまま置くだけでも良い。ただし、コンクリートブロックは暫くはアルカリ性に働くので、石灰などを入れる時は注意が必要である。

 で、ブロック10個で縁取り、縦80cm×横140cmのミニ菜園が出来上がった。
早速、ネギ、サラダ菜、春菊、セロリ等の苗を植え込んでみた。

頭で描いていたように出来上がり、見栄えは格段に良くなったが、畑としての機能の善し悪しはしばらくしないと判らない。
ま、ネギなどは強いので、多少環境が悪くても育つには育つものだ。
 楽しみに様子を見ることにしよう・・・。

ただ、3階までブロック10個と土(約100L)を担ぎ上げるのはかなり辛かった・・・。

写真は
ちょっと気になるコーヒータイム
に載せてます。

まさき設計

«Prev1Next»